Path MTU Discovery 1



 ◆ Path MTU Discovery

 MTUは、一回のデータ転送で送信可能なIPデータグラムの最大値のことです。この値は固定で
 設定する方法と、
Path MTU Discoveryによる自動検出により設定される方法の2つがあります。
 PMTUD ( Path MTU Discovery ) は、経路上にあるリンクの最小MTU値を検出して、送信元へ 
 ICMP(type 3 code 4)でその最小MTU値の情報を送信して、MTUサイズを自動修正させます。


        




 ◆ Path MTU Discovery(RFC1191)の動作

 ルータは、着信パケットが大きすぎてDFビットが設定されている場合、そのパケットを破棄して
 ICMP(Type 3 Code 4)を送信元ホストへ送信します。そのICMPを受信したホストはMTU値を
 自動調整して再度パケットの転送を行い正常に通信することができるようになります。ちなみに
 ルータは、着信パケットが大きすぎてもDFビットが設定されていない場合はフラグメントを行い
 パケットを送信することができますが、その場合は、その処理のためにスループットが落ちます。


     


 ◆ Path MTU Discoveryブラックホール(RFC2923)の動作

 経路上に異なるMTU値が存在していても、以上のとおり Path MTU Discovery によって通信する
 ことができるようになりますが、適正なMTU値を伝達するためのICMP(type3 code4)パケット
 を送信元に送信しない設定や、途中の経路でICMPがフィルタリングされている場合には、以下の
 ような問題が発生します。以下のような状態の事を
Path MTU Discovery Black Holeといいます。


      


 このPMTUDブラックホールの問題はいくつかの解決方法があるので次回はそれを紹介します。



← ICMP Type / Code 一覧 Path MTU Discovery 2

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.