MTU not 1454 but 1492 byte



 ◆ Bフレッツ・フレッツ光のMTUサイズ

 PPPoEが実装されるLANではMTU上限が理論上1492byteであることは「 MTU 」で解説しました。
 しかしBフレッツを使用する場合、
MTUサイズは 1454byte と指定されています。はじめからMTU
 1454byte、MSS1414byteとルータに定義してしまうと、3way-handshakeで、MSS1414byteで
 通知され通信が行われる為、MTU1492、MSS1452byteより確実にデータ伝送は遅くなってしまう。
 それではなぜBフレッツ(PPPoEの接続方式)では、MTU1454byte が指定値となるのでしょうか。



 ◆ L2TPの採用

 Bフレッツ等のPPPoE接続は、NTT収容ビルにある機器( Flet's ADSLの場合はDSLAM )までであり、
 その機器から事業者網にある機器 ( BAS ) との間においては、L2TP接続が行われています。結果、
 MTUサイズが1454byteとなります。MTU値はEnd to Endの通信を実現する際に通過する通信リンク
 において最も低い値を適用するのが推奨です。PPPoE接続によるインターネット接続を行う場合では
 Flet's網で実装するL2TPのBASへのリンクが一番小さい( 1454 )ことから、この値をI/Fへ適用します。


  


L2TPが実装されているFlet's網におけるMTU値
Ethernet
frame
- Ethernet header
/ FCS
- IP header - UDP Header - L2TP header - PPP header = MTU
1518 18 20 8 16 2 1454


 ◆ Path MTU DiscoveryによるFeedbackは?

 例えば、BフレッツのPPPoE接続において、適切でないMTU値(1492)をルータに設定したとします。
 次にデータが送信される際にD「Fビット=1」で送信された場合、L2TP接続が行われるリンクでは、
 フラグメントを行わないとパケット転送できないのですが、DF=1のため、分割されず破棄されます。

 結果、送信元に対して、ICMP(Type3 Destination Unreachable/Code4 Fragmentation Needed)
 が送信されます。このICMPを受け取ることができれば、送信元は適正なMTU値に修正してから再度
 データ転送を行えるのですが、このICMPはネットワークのどこかの機器で破棄されてしまうようです。
 従って、MTU1454/MSS1414として定義していなければ、参照できないWebページなどが発生します。



 ◆ PPPoE接続の論理イメージ図 ( 例 : Flet's ADSL )


  


 BAS(Broadband Access Server)とは、ルータの機能を持つアクセスサーバのことです。ユーザーからの接続認証や
 プロバイダ識別子に従いプロバイダの切り替え、帯域管理などを行います。DSLAM(DSL Access Multiplexer)とは、
 複数のADSL回線を束ねているL2の集線装置。束ねたADSL回線をルータと接続させバックボーンへの橋渡しを行います。




← PPTP / L2F / L2TP CiscoルータによるPPPoE接続

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.