CCNAとは CCNAの取得方法 CCNAの学習方法 CCNA受験記 CCNA取得後の道
CCNAの教科書 CCNAの問題集 CCNAシミュレーション CCNAイージス CCNA給与リサーチ


 
 CCNAの学習方法は、[ 独学による学習 ] と [ 講習会による学習 ] の大きく2パターンあります。一般的には
 多くのCCNA受験者は独学であると言えます。講習会による学習は学習効率、学習効果ともに最高の結果が
 得られるので会社支援があるならお勧めできますが、会社支援がない場合、決してお勧めできない学習方法。
 ※ ここで説明している 講習会 はグローバルナレッジやネットワークアカデミーなどの数十万円の講習のこと。

CCNAの学習方法
学習方法 学習効率 学習効果 学習費用 コメント
独学 個人の場合、現実的な学習方法です。
講習 × 会社の支援があるなら迷いなく講習で!

 
 CCNAを独学で学習している人は、一般的には以下の学習アイテムを使用します。色々な学習アイテムが
 ありますが自分に適したアイテムで学習することが大切です。また、学習アイテムをあまり多くしないことも
 重要です。多くありすぎてどっちつかずとなるより、少数精鋭のアイテムで学習する方が効率的といえます。

CCNAの学習アイテム
学習アイテム お勧め 批評
参考書
 CCNA学習方法の王道

問題集


 Ping-t の問題集さえ利用していれば合格にかなり近づく

シミュレーター


 あくまでもシミュレータであることから、実機とは異なる
 動作をしたり、正確なステータス情報を得られないなどの
 問題があることから、個人的には実機の購入がお勧めです。

実機


 物理的に実際に触ると、理解と記憶が断然違います。
 PPPoEなども可能な安価なC1812が人気があります。
 または個人でも購入可能な最新でオールマイティな
 Cisco 841M の新品を購入して利用する人もいます。

講習会


 ここでの「講習会」とは個人でも受講できるような金額
 の講習会のことです。学習効率は断然いいと思いますが、
 それ相応の費用が必要。学習効率が最優先の方にお勧め。

 結論として「 参考書 + 問題集 + 実機 」の3点セットがバランスのとれた効果的な学習方法だと考えています。


















ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.