CCNAとは CCNA取得方法 CCNA学習方法 CCNAイージス CCNA教科書 CCNA問題集 CCNAシミュレーション


 
 CCNAの試験問題集にはいわゆる「黒本」と「赤本」があります。どちらも人気の問題集ですが、黒本の場合は試験ごとに
 ICND1用の試験問題集、ICND2用の試験問題集と分かれていることからより多くの問題演習を行うことができます。一方、
 赤本の場合はICND1とICND2の模擬問題を1冊にコンパクトにまとめているので、黒本のCCNA問題集が合計で5,500円で
 あるに対して、赤本の場合は3,480円だけの出費となり書籍費用を節約できます。

CCNA 問題集
出版社 インプレス インプレス SBクリエイティブ
書籍

ICND1(黒本)


ICND2(黒本)


ICND1/ICND2(赤本)
価格 2,750円 2,750円 3,480円
正誤表 - - -
問題量
学習しやすさ
技術解説
的中率
人気度

 すでにネットワークエンジニアで、ある程度の実務経験がある場合には赤本だけで良いかもしれません。一方、これから
 ネットワークエンジニアを目指す方で
確実に一発合格をしたい方は、少し割高ですが黒本のCCNA問題集をお勧めします
 ただし「問題演習を行いやすい」「読みやすい」という観点も重要ですので、可能であれば書店に行き実際に参照してみて
 
自分が解きやすいと思うCCNA問題集を選ぶことも重要です。試験費用は高いので、確実に合格できる自信を持てるように
 なってから受験するようにしましょう。みなさんの一発合格を願っています。








ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2018 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.