◆ ネットワークエンジニア : 正社員 or 派遣社員

 ネットワークエンジニアとして仕事をするにあたり、正社員と派遣社員のどちらがいいのか・・・
 それを考察するために正社員と派遣社員のメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

 結論から申し上げるとネットワークエンジニアとして仕事をするのが正社員か派遣社員が良いのかは
 個人の価値観、所属する会社、出会えた仲間により大きく変わると思いますが、収入とネットワーク
 技術力を磨くという観点では、以下フローのスタイルが最も効率的にこれら2つを得られると言えます。


 ※ このスタイルの場合、20代半までに所属していた会社には迷惑な話であり管理職の方は悲しむと思います。

年収と技術力を高く得るネットワークエンジニアとしての働き方
年齢範囲 〜20代半ば 20代後半〜30代前半 30代後半〜
正 or 派 正社員 派遣社員 正社員
仕事内容 投資時代 黄金時代 安定時代
平均年収 350万〜450万 500〜700万 600〜800万


 ご存知だと思いますが、日本社会で定義されているいわゆる派遣社員は、ネットワークエンジニアの
 IT業界では異質のものであることは間違いありません。つまり、ボーナスを含めた正社員の年収よりも
 派遣社員の年収の方が一般的に高いですし、与えられる仕事内容についても、上記黄金時代においては、
 正社員と同等であることが一般的です。20代後半〜30代で派遣社員であり、NW常駐者ではない場合に
 年収が500万円以下である場合、技術力不足であるか、派遣会社にピンハネされすぎていると言えます。

 ⇒ 正社員、契約社員、派遣社員、個人事業主の詳細はNWエンジニア - 雇用形態をご参照ください。
 ⇒ 転職ネタの集大成として「ネットワークエンジニア - 失敗しない転職」をご参考頂ければ幸いです。


 ◆ ネットワークエンジニア : 正社員のメリット

 一番のメリットとしては、派遣社員に比べて重要度の高い案件を任せられることだと思います。当然
 企業は正社員と派遣社員とでは正社員に投資をしたいのです。なるべく正社員のネットワーク技術が
 伸びるような案件を正社員に任せたいのが本音です。ただし人員不足状態であったり、派遣のスキル
 の方が高い場合やスキルセットがマッチしている場合には、派遣社員が任されることも多々あります。


 次に充実した教育制度を受けられることもメリットの一つです。例えば、ネットワークエンジニアの
 最高峰資格のCCIEを目指したい!と考えた時に、そのための講習費用や試験費用を出してくれるのは
 もちろん正社員だけです。課長も部長もみんなが可愛がってくれます。また、20代では実感しにくい
 と思いますが、家庭を持つようになったり、ローンを組むようになったり、転職が難しい30代後半に
 なってくると、正社員という社会的に安定したステータスはとてもありがたいものだと感じられます。



 ◆ ネットワークエンジニア : 正社員のデメリット

 これは20代の時に感じることですが、派遣社員(一般派遣)に比べて給料が低いということです。
 しかし、これは正確に言うと一般派遣に比べて給料が低いということであり、社会一般的にみれば
 平均よりも上の給料です。とはいえ、ネットワークエンジニアという仕事は残業の多い仕事なので
 残業代が正確に請求できない会社に正社員で所属している場合は、派遣社員との差が大きいでしょう。

 また、自分のやりたい仕事をやらせてもらえない可能性があることもデメリットの1つです。例えば
 客先常駐を望んでいないのに「この顧客は重要度が高いから正社員のあなたに常駐して欲しい」など
 と言われて客先常駐を強いられることもあります。あとは、人事異動による命令にも逆らえません。



 ◆ ネットワークエンジニア : 派遣社員のメリット

 一番のメリットとしては「自分のやりたい仕事を詳細に選べる」という点です。ネットワーク技術力
 を短期間で高めたくネットワーク設計をしたければ「設計希望」、マイペースに大規模ネットワーク
 のシスコ機器の設定変更や障害対応したければ「運用希望」と要望を上手く伝えるだけで、その要望
 に合った案件を紹介してくれます。また、時給についても自分のスキルセットに合わせてネゴられて
 残業についても額実に請求できるので、残業が多いこの業界では正社員よりも給料が良い場合が多い。



 ◆ ネットワークエンジニア : 派遣社員のデメリット

 現状の日本社会を考えると、派遣社員として楽しめるのは20代後半〜30代前半までだと言えます。
 ネットワークエンジニアとはいえ、30代後半になってくると、技術力よりもマネージメント能力が
 求められてくるようになります。マネージメントする立場(課長、GL等)は一般的に正社員である
 ことは間違いなく、そうなると年齢的に年下から指揮命令を受けるようになる可能性がある事から
 人間の上下関係を考える時に「年齢の差」を重視している人はとても居づらくなるかもしれません。

 また、企業によっては、ネットワークエンジニアの派遣社員を正社員のアシストとして位置づけて
 仕事をさせるところも多くあるのでその正社員が人間的に幼く技術レベルが低い場合はストレスを
 受けながらの仕事になることもあります。年齢に対する年収のピークも派遣は30代後半と言えます。




 ◆ ネットワークエンジニアとして成功するために・・・

 ネットワークエンジニアとして仕事をするにあたり、正社員と派遣社員のその両方を経験することが
 ネットワーク技術力と年収を大きく引き上げる手段の一つだと考えています。また職場を変えること
 によって、色々な出会いがあって感化されて、ネットワークエンジニア以外としての道も見つけられ、
 それが大きな収入源となったり、そして何より自分自身の可能性を大きく広げられることもあります。

 ◆ 当方が実際に登録した転職会社

 TVCMやるような有名な業界大手は強い!
 ◇ インテリジェンス
 ⇒ DODA

 ◆ パソナキャリア
 ⇒ パソナキャリア

 ◇ キャリアデザインセンター
 ⇒ typeの人材紹介




ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.