◆ ネットワークエンジニアの仕事の分類

 ネットワークエンジニアとしてお仕事をする場合、その種類は大きく3つに分類できると思います。
 ※ 前提としてサーバエンジニアを含めず、ネットワークインフラを整備する技術者に限定します。

 @ ネットワーク監視 & 運用
 A ネットワーク構築 & 保守
 B ネットワーク設計 & 提案

 正社員、派遣社員に関係なく、給料の高い順番から並べると一般的にB ⇒ A ⇒ @の順となります。
 また、仕事内容の難易度もB ⇒ A ⇒ @の順です。※ 大手人材派遣10社の紹介案件の調査結果。

 もちろん企業によって、ネットワークの運用、構築、保守をまとめて担当させるところもありますし
 小規模なネットワーク設計においては A と B をセットで担当させられることもあるかと思います。
 一般的にBの仕事をする人は@やAの経験をしていることが多く、その上で設計・提案をしています。



 @ ネットワーク監視 & 運用

 この業務は、ネットワークエンジニア未経験でもOKとして募集されていることが多くあることから
 未経験の転職者や第二新卒者にとってネットワークエンジニアの第一歩になる業務であることが多い。
 また、ネットワーク監視・運用という立場なので特定の大手企業に常駐することになることが一般的。

 現場ではJP1などのSNMPマネージャの監視機器の知識が必要になります。ネットワーク監視という
 仕事は障害が発生しなければ、ISPや官公庁ネットワークを除いて、ほとんど仕事がないことが多く
 その監視対象のネットワークにおけるネットワーク機器の設定変更も任されることも多々あります。
 さらには、既存ネットワークのアクセス層に新規で Catalyst スイッチなどが追加される場合などは
 自分でコンフィグを作成したり現調したりと、A の仕事内容にまで踏み込むこともあると思います。



 A ネットワーク構築 & 保守

 会社によってはCEと呼ぶ職種です。一通りのトレーニングとOJTを踏まえて、コンフィグの作成や
 構築作業を任されます。構築作業がない時にはローテーションで保守対応の待機や障害対応などの
 仕事を任せられることになります。また、ネットワーク設計者作成した設定シート情報に基づいて
 コンフィグ作成や検証作業も対応します。深夜作業も多く残業の最も多い分野の仕事とも言えます。

 また会社によっては、簡単な案件の場合には、営業と一緒にユーザから要件をヒアリングしてきて
 NW構成図を作成して提案したりとBの仕事内容まで踏み込ませてもらえるエンジニアも存在します。



 B ネットワーク設計&提案

 会社によりSEと呼ばれる職種です。ネットワークインフラを整備する上で全般の知識が必要です。
 顧客からのヒアリング力、顧客へのプレゼンテーション能力、資料作成力、プロジェクトに対する
 マネージメント能力、など様々な技術力が必要となります。お金の計算をする必要も出てきます。

 この仕事は責任が非常に重いです。例えば、提案して導入予定のシステムが要件を満たせない結果
 になった場合、要件を満たせるための代替機器を、お客様負担ではなく自社負担で納品させられる
 ケースもあります。また、数億円のプロジェクトにおいて、構築中に設計ミスが判明した場合には
 まさに、絶望に近い感情が生まれます。ネットワーク提案と設計の仕事はとにかく責任が重いです。

 しかし、設計したネットワークが完成した時の喜びは大きいです。人間的に自信もついてきます。
 因みに、この立場 ( SE ) になっても、コンフィグ作成力が必要にならなくなることはありません。
 そもそも顧客からヒアリングする際に「この機器仕様なら要件を満たせる」「このコンフィグなら
 要件を満たせる」 とコンフィグをイメージできる必要があるからです。また導入機器のコンフィグ
 を自分自身で作成する場合もありますし、誰かに作成させる場合でも、責任を持つ必要があります。

 派遣会社が高収入で募集している「プロジェクトマネージャ」や「ベンダーコントローラー」は
 ネットワーク設計・提案を経験していることが前提なのでぜひこの分野を経験するようしましょう!


 ◆ ネットワークエンジニア派遣/転職サイト

 ◇ ネットワークエンジニア転職支援2トップ ⇒ パソナテック / DODA

 シスコ認定のゴールドパートナーに正社員で入社したいなら、個人で応募するより比較的簡単に
 転職することが出来ます。特にDODAのバックボーンは並じゃありません。ただし注意して頂きたい
 のは年収です。コンサルタントの提示する金額を鵜呑みにするのではなくて、自分の市場価値を
 確認するためにも、事前にキャリア査定をできるサイトで適正年収を確認しておくことが大切です。



 ◆ 資格取得時の還付金が凄まじい

 ネットワークエンジニア業界の最大手のパソナテックの資格取得時の還付金はすごく充実しています。
 その他、書籍割引サービス等もあり会員登録は必須と言える転職支援サービスと言えます。ぜひ活用を。
 リンク先の「3.最新情報の発信とスキルアップの支援を充実!」という箇所に具体的に金額があります。

資格 還付金額例
Cisco CCIE 100,000円
Windows MCSA 53,550円
Linux LPIC-3 Core 31,500円
Oracle Platinum 100,000円



ネットワークエンジニア これからスタート ネットワークエンジニア 派遣 or 正社員

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.