※ 最新内容は「 ネットワークエンジニアとは 」の記事をご参考下さい。

 ◆ ネットワークエンジニアとは

 ネットワークエンジニアとは、個々のコンピュータをスイッチやルータといわれる専用機器に接続し
 専用機器を介して、個々のコンピュータのデータを快適に送受信できるネットワークシステムを作る
 エンジニアのことです。そのネットワークシステムの設計、構築、運用がネットワークエンジニアの
 仕事であり、実際に個々のコンピュータをネットワーク機器に接続するためのLANケーブルの敷設や
 物理接続を行う人は「LAN配線業者」であり、一般的にネットワークエンジニアと言われていません。
 また、Windows、Linux、UNIXなど各種サーバーの技術者は「サーバエンジニア」と言われています。

 ※ ブログの「 ネットワークエンジニアとインフラエンジニアの違い 」をご参考頂ければと思います。


 ◆ ネットワークエンジニアの仕事内容

 ネットワークエンジニアの仕事内容である「ネットワークのシステムをつくりあげる」とは、大きく
 「設計」「構築」「運用」「保守」の4つに分類することができます。各項目を簡単に説明しますと
 「設計」により構築するネットワークシステムの理論情報を確立して「構築」によりネットワークの
 専用機器のソフトウェアのコンフィグレーションを行います。ネットワークシステム構築完了後には
 ネットワークシステムの一部の変更や増設などを「運用」で行って、機器に障害が発生した場合には
 障害切り分けを行って障害機器を正常機器に取り替えるなどの「保守」を行います。これらの説明の
 ネットワークエンジニアの仕事内容は「ネットワークエンジニアの仕事の分類」で詳細に説明します。



 ◆ システムエンジニアとの違い

 システムエンジニアとは、個々のコンピュータ上で動作するソフトウェアの企画、設計、開発などを
 行う技術者のことです。ネットワークエンジニアが「ネットワークシステム」を作り上げるのに対し
 システムエンジニアは、プログラミング言語を駆使して「コンピュータシステム」を作り上げます。

 コンピュータシステムにより価値ある情報が生み出されて、ネットワークシステムによりその情報を
 みんなで共有することができるのです。一般的にソフトウェアの開発(プログラミング)を行う人を
 プログラマー(PG)、企画・設計してPGを取りまとめる人をシステムエンジニア(SE)と言います。



 ◆ ネットワークエンジニアに求められる技術力

 ネットワークエンジニアに求められる技術力は「TCP/IP、スイッチング技術、ルーティング技術」を
 コアとして、その他、無線LAN、ロードバランサ、呼制御サーバ、IPS等の技術力も必要になります。
 また、ネットワーク機器の市場で圧倒的なシェアを誇る「Ciscoルータ, Catalystスイッチ」に関する
 技術力は必須です。また、ネットワークエンジニアでも、各種サーバの一定レベルの知識は必要です。
 一方で、システムエンジニアには、プログラミング言語とIT技術全般の技術力が必要とされています。



 ◆ ネットワークエンジニアは文系と理系のどちらが有利?

 システムエンジニアの場合は、一般的に「理系」である方が有利であるとされていますし、実際に
 理系の論理思考などは仕事に役立つことと思います。一方で、ネットワークエンジニアについては
 文系の方が有利であるとか、理系の方が有利であるとかは、全くないと断言することができます。

 ネットワークエンジニアに最も必要なものは「知的探求心、知的好奇心」と言われており、つまり
 常に新しいもの、ネットワークの色々な分野の技術を生涯学んでいく意思がポイントとなります。
 また、ネットワーク文書は最新のものは英語であることが多く「英語力」は必要になってきます。



 ◆ ネットワークエンジニアの名称について

 システムエンジニアの場合は略して「SE」、プログラマーは「PG」と名称があり職種としても
 その認知度は確立されていますが、ネットワークエンジニアの場合は略して「NE」なのですが
 一般的にそのように呼ばれることはあまりありません。また、ネットワークエンジニアの場合は、
 提案 ・ 設計 に従事している技術者を「SE」、構築 ・ 保守に従事している技術者の事を「CE」
 と定義している会社も多くあります。SEはシステムエンジニアと同様の略ですが、ネットワーク
 システムのエンジニアという観点からネットワークエンジニアでも「SE」と定義しているのです。




 ◆ ネットワークエンジニアとシステムエンジニアの違い

ネットワークエンジニアとシステムエンジニアの違い
特性 ネットワークエンジニア システムエンジニア
仕事内容 ネットワークシステムをつくりあげること コンピュータシステムをつくりあげること
求められる技術力 ネットワーク技術、サーバ基礎技術 プログラミング技術、IT技術全般
有効となる国家資格 テクニカルエンジニア ( ネットワーク ) 基本情報技術者試験
有効なベンダー資格 CCNA/CCNP/CCIE MS, Oracle, SUN系の資格
文系・理系の有利 特になし 一般的に理系の方が良しとされる
社会での名称 SE : 提案、設計を主として従事している人 SE : 提案、設計を主として従事している人
CE : 構築、保守を主として従事している人 PG : ソフトウェア開発を主として従事している人



ネットワークエンジニアの仕事、年収、転職

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.