DAI ( Dynamic ARP Inspection )



 ◆ DAI(Dynamic ARP Inspection)とは

 DAI(ダイナミックARP検査)とはLAN上でARPパケットを検査するセキュリティ機能のことです。DAIは、
 IPアドレスとMACアドレスの関連付けを検証して、不正なARP応答はCatalystスイッチが代行受信して破棄
 して、
正規のARP応答パケットのみを転送します。IPアドレスとMACアドレスの関連付けを検証するために
 DAIでは、以下の2種類のバインディングテーブルを利用します。

バインディングテーブル DHCPスヌーピング バインディングテーブル
DHCP環境 必要  DHCPスヌーピングバインディングテーブル
非DHCP環境 不要  スタティックに設定されたIPアドレスとMACアドレスの関連付けテーブル


 DHCPスヌーピングの実装、IPソースガードの実装のためにはCatalystスイッチで必ずDHCPスヌーピングを
 有効化する必要がありましたが、DAIの場合、非DHCP環境ではDHCPスヌーピングを有効にしなくてもDAIを
 実装させることができます。

 DHCP環境の場合は、DHCPクライアントとDHCPサーバのやりとりの情報で構成されたDHCPスヌーピング
 バインディングテーブルを参照し、DAIでは受信したARPパケットの正当性を確認します。非DHCP環境では
 事前でスタティックに設定されたIPアドレスとMACアドレスの対応表を参照して、正統性を確認しています。


 ◆ DAI(Dynamic ARP Inspection)で使用される2種類のインターフェース

 DAIでは、信頼できるインターフェースと信頼できないインターフェースの2種類があります。DAIを有効化
 させると、全てのI/Fは信頼できないインターフェースとなるので、Untrsutでの設定コマンドはありません。

DAIで使用するインターフェース 設定コマンド 説明
信頼できるインターフェース ip arp inspection trust  DAIによるARP検査を行わないポート。
信頼できないインターフェース -  DAIによるARP検査を行うポート。デフォルトの設定。




   




 ◆ DAI(Dynamic ARP Inspection)による検査の流れ

 @ Catalyst上の信頼できないポート上の全てのARP要求とARP応答を、Catalystスイッチで代行受信。
 A 代行受信された各パケットに有効なIPアドレスとMACアドレスのバインディングがあるかを確認。
 B Catalyst上のバインディングテーブル上に存在しない組み合わせである場合、その無効なARPを破棄。



DAI(Dynamic ARP Inspection)- コンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.