10GE - XENPAK / X2 / XFP / SFP+



 ◆ 10GigabitEthernet - 光トランシーバの種類

 10GEの光トランシーバの現在の主流は
SFP+ですが、XENPAK ⇒ X2 ⇒ XFP ⇒ SFP+ の流れで進化して
 います。光トランシーバの進化により、小型化と低消費電力を実現しています。1GE規格で使用されていた
 SFPに対して電磁波対策のEMシールドを装備した10G版がSFP+であることから形状が似ています。また、
 10G対応スイッチで1GEのSFPと10GEのSFP+が混在させられる機種が多く、SFP+なら10Gイーサネット
 へスムーズに移行できます。

XENPAK X2 XFP SFP+


第一世代 第二世代 第三世代 第四世代
消費電力 9W/port 消費電力 4W/port 消費電力 2.5〜3.5W/port 消費電力 1〜1.5W/port
SCコネクタ SCコネクタ LCコネクタ LCコネクタ
Catalyst6500

Catalyst6500
Catalyst4500E
Catalyst4900
Catalyst3750-E
Catalyst3560-E

Catalyst6500
WANモジュール


Nexusシリーズ
Catalyst6500
Catalyst4500E
Catalyst4948E
Catalyst3750-X
Catalyst3560-X
Catalyst2960-S



 ◆ 10GBase-T

 10GイーサネットといえばXENPAK、X2、XFP、SFP+ の光トランシーバと光ファイバーケーブルを使用
 した構築が多かったのですが、今後は10GBase-Tにより安価に構築できるRJ45のツイストペアケーブルに
 よる構築が主流になるでしょう。IEEE802.3an-2006規格である10GBase-Tでは、最大100メートルまで
 10Gbpsで接続できるだけでなく、オートネゴにより、10GBase-Tと1000Base-Tのスムーズな移行が可能。

規格 速度 UTPカテゴリー 最大伝送距離
10Base-T 10Mbps CAT3 100M
100Base-TX 100Mbps CAT5 100M
1000Base-T 1Gbps CAT5e / CAT6 100M
10GBase-T 10Gbps Cat6a / CAT7 100M



イーサネット(Ethernet)LAN

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.