CoS ( Class of Service )



 ◆ CoS(Class of Service)とは

 CoSとは、Ethernetフレームに設定する(マーキングする)ことができる
Ethernetフレームにおける
 
通信の優先度を表す値のことです。IPパケットへのマーキングはIP Precedence、またはDSCPにより
 行いましたが、EthernetフレームへのマーキングはCoSで行います。


 ◆ CoS値を伝送できるポート

 CoS値を伝達する場合、そのスイッチのポートは
トランクポートである必要があります。下図のとおり
 CoS値はIEEE802.1qフレームの
TAGタグ)のフィールドで伝えられる情報だからです。


     


 CoS値はその値に3ビットを使用することから
8段階の優先順位を付けることができます。優先度の順位は
 0 が一番低く、7 が一番高いプライオリティとなります。


 ◆ CoS関連 - Catalystスイッチのコンフィグ設定

 CoSは、Ethernetフレームに設定できる値であることから、そのコンフィグ設定はCatalystスイッチで
 行います。先ず、CatalystスイッチでQoSを有効化させるには以下のコマンドを設定する必要があります。

 ◆ QoSの有効化
 (config)#
mls qos


 次に、DiffServアーキテクチャにおけるトラフィック着信時の分類のための設定を行います。スイッチの
 ポートにトラフィックが着信した時、トラフィックの優先度を、IP Precedence値、DSCP値、CoS値の
 
どの優先度の情報を信頼(trust)するのかをスイッチポートで定義する必要があります。

 ◆ 分類の設定
 (config)#
interface interface-id
 (config-if)#
mls qos trust [ cos | dscp | ip-precedence ]

 その他にもCatalystのQoS設定は色々と多くありますが、CoS値に関連したコンフィグは以上となります。


 例えば、音声VLAN用にVLAN10、データVLAN用にVLAN20として、CoS値の情報を信頼(trust)する場合
 以下のようにコンフィグ設定をします。


   


 Cisco(config)# vlan 10
 Cisco(config-vlan)# name Voice

 
Cisco(config)# vlan 20
 
Cisco(config-vlan)# name Data

 Cisco(config)# mls qos

 
Cisco(config)# interface FastEthernet 0/1
 Cisco(config-if)# switchport mode access
 
Cisco(config-if)# switchport voice vlan 10
 Cisco(config-if)# switchport access vlan 20

 Cisco(config-if)# mls qos trust cos
 Cisco(config-if)# mls qos turst cisco-phone
 Cisco(config-if)# priority-queue out


 Catalyst QoSの解説で別途に解説しますが、トラフィックのCoS、DSCP、IP-Precedence値を信頼して
 その値をベースにして、QoSラベルが生成( CoS値またはDSCP値 )されて分類が行われます。そして、
 QoSマッピングの情報に基づいて「入力キューや出力キュー」にフレームが格納されることになります。



QoSをはじめから

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.