WRED - Cisco Config



 ◆ WRED - Ciscoルータのコンフィグ設定

 WREDの設定は「インターフェースレベル」または「クラスラベル」で適用することができます。現在では
 一般的にWREDはクラスレベルで設定されるので、ここではCBWRED(Class-Based WRED)のコンフィグ
 を解説していきます。

 クラスレベルでWREDを有効にするためには、以下の「random-detect」を1行設定すれば良いだけです。

 ◆ WREDの有効化
 (config-pmap-c)#
random-detect

 
◆ WREDの設定例

 Cisco(config) # policy-map P-RULE1
 
Cisco(config-pmap) # class C-VOICE
 Cisco(config-pmap-c) # priority percent 10

 Cisco(config-pmap) # class C-DATA2
 Cisco(config-pmap-c) # bandwidth percent 25
 Cisco(config-pmap-c) # random-detect

 
Cisco(config-pmap) # class C-DATA3
 
Cisco(config-pmap-c) # bandwidth percent 25
 Cisco(config-pmap-c) # random-detect

 Cisco(config-pmap) # class class-default
 
Cisco(config-pmap-c) # fair-queue
 Cisco(config-pmap-c) # random-detect


 random-detectと設定することで、該当するクラスで
IP Precedence-based WREDが有効化されます。
 つまりデフォルトでは、WREDはIPプレシデンス値ベースで動作します。DSCP値ベースで動作させたい
 場合には以下のコマンドを設定する必要があります。

 (config-pmap-c)# random-detect dscp-based


 WREDでは以上の設定により、IP Prcedence-basedの場合は8つのプロファイル、DSCP-basedの場合は
 64つのプロファイルが使用されて、Default Serviceプロファイルが使用されます。その各プロファイルは
 以下の3つの情報に基づいて構成されています。

 ・ Minimum threshold
 ・ Maximum threshold
 ・ Mark probability denominator

 これらの値にはIPプレシデンス値(またはDSCP値)ごとにデフォルト値が定義されていますが、この値を
 変更したい場合には以下のコマンドによって設定変更します。

 
(config-pmap-c)# random-detect [ precedence | dscp ] value min-threshold max-threshold mark-prob-denominator

コマンド引数 説明
value  precedenceを指定している場合はprecedece値。DSCPを指定している場合はDSCP値。
min-threshold  パケットをランダムにドロップし始める値( 平均キューサイズの値 )
max-threshold  パケットのすべてをドロップする値( 平均キューサイズの値 )
mark-prob-denominator


 平均キューサイズ(深さ)がmax-thresholdに達した時のパケットをドロップする割合。
 例えば「10」と指定した場合、10パケットに1パケットを廃棄する。



 ◆ WRED - Ciscoルータのコンフィグ設定例

 最初のコンフィグ設定例で紹介した通り、WREDのコンフィグは「random-detect」と1行設定するだけで
 IPプレシデンスベースのWREDが動作するのでそれ以上のコンフィグ設定は必要ありません。ただし、その
 Default Serviceプロファイルの内容を変更したい場合には、以下のコンフィグ設定例のように各しきい値を
 変更することができます。この値を変更する場合には適切な設計に基づいた値を適用した上で、十分な検証
 が必要となります。なお、下図と設定例の以下の値は「動作を理解するための値」としてご参考下さい。


  



 Cisco(config) # class-map C-DATA1
 Cisco(config-cmap) # match ip precedence 1 2

 Cisco(config) # class-map C-DATA2
 Cisco(config-cmap) # match ip precedence 3 4


 Cisco(config) # policy-map P-RULE1
 Cisco(config-pmap) # class C-DATA1
 Cisco(config-pmap-c) # bandwidth percent 20
 
Cisco(config-pmap-c) # random-detect
 Cisco(config-pmap-c) # random-detect precedence 1 22 36 10
 
Cisco(config-pmap-c) # random-detect precedence 2 24 36 10

 
Cisco(config-pmap) # class C-DATA2
 
Cisco(config-pmap-c) # bandwidth percent 30
 Cisco(config-pmap-c) # random-detect
 Cisco(config-pmap-c) # random-detect precedence 3 26 40 10
 
Cisco(config-pmap-c) # random-detect precedence 4 28 40 10

 Cisco(config-pmap) # class class-default
 
Cisco(config-pmap-c) # fair-queue
 
Cisco(config-pmap-c) # random-detect



 ※ WREDでECN(Explicit Congestion Notification)を有効化させたい場合の設定は ⇒ (config-pmap-c)# random-detect ecn



QoSをはじめから

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.