CAR ( Commited Access Rate )



 ◆ CAR( Commited Access Rate)とは

 ポリシングはClass-Based Policing以外に「CAR」により実装することができます。Class-Based Policingは
 ルータ及びスイッチにて実装することが可能なポリシングであったのに対して、CARではルータの I/F にのみ
 適用できる実装となっています。なおCARでは「
rate-limit」コマンドを使用することでレート制限をします。



 ◆ CAR - コンフィグ設定

 特定のトラフィックに対して特定のレート制限を行うCARを実装させるには、パケットの分類とレートの指定
 を行う必要があります。パケットの分類は、標準/拡張アクセスリスト、レート制限アクセスリスト、DSCP値
 QoS-groupにより行います。設定は、ルータのインターフェース上に直接設定します。

 ◆ CARのコマンド構文
 (config)#
interface interface-id
 (config-if)#
rate-limit { input | output } [ access-group [ rate-limit ] acl-number ]
       
bps burst-normal burst-max conform-action action exceed-action action

コマンド引数 説明
input | output  ルータのI/Fの着信方向にポリシングしたい場合はinput、発信方向でポリシングしたい場合はoutput
access-group  対象トラフィックを定義したACL番号の指定
bps  CIR
burst-normal  Bc
burst-max  Be
conform-action  CIR未満のレートで受信する全てのトラフィックに対するアクション
exceed-action  BcとBeで定義したバーストサイズを超過したCIRのトラフィックに対するアクション

action 説明
transmit  パケットを転送
drop  パケットを廃棄
continue  次の行を定義した rate-limit コマンドで評価
set-dscp-continue  新しいDSCP値(0〜63)をつけて、次の行で定義したrate-limitコマンドで評価
set-dscp-transmit  新しいDSCP値(0〜63)をつけて、パケットを転送
set-prec-continue  新しいIPプレシデンス値(0〜7)をつけて、次の行で定義したrate-limitコマンドで評価
set-prec-transmit  新しいIPプレシデンス値(0〜7)をつけて、パケットを転送
set-qos-continue  新しいqos-group値(1〜99)を付けて、次の行で定義したrate-limitコマンドで評価
set-qos-transmit  新しいqos-group値(1〜99)を付けて、パケットを転送


 CARのコンフィグ設定では「レート制限アクセスリスト」というものがあり、レート制限アクセスリストには
 ACLの合致基準を「Precedence値」に特化したものと、「MACアドレス値」に特化した2パターンあります。

 ◆ オプション設定:レート制限アクセスリスト
 (config)#
access-list rate-limit [ 0-99 ] [ precedence0-7 ]
 (config)# access-list rate-limit [ 100-199 ] [ mac-address ]



 ◆ CAR - コンフィグ設定例

 Fa0/0インターフェースから送出(out)されるHTTPトラフィックで使用できる帯域幅を「256Kbps」に制限
 する設定例です。Bc(通常バーストサイズ)を48000byte、Be(超過バーストサイズ)を96000byteに設定。


 Cisco(config) #
access-list 101 permit tcp any any eq www

 Cisco(config) # interface FastEthernet0/0
 
Cisco(config-if) # rate-limit output access-group 101 256000 48000 96000 conform-action transmit exceed-action drop




QoSをはじめから

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.