FIFO ( First In, First Out )



 ◆ FIFOとは

 FIFO(First In, First Out)は「
先入れ先出し」のキューイング方式であり、ファイフォと呼ばれます。
 FIFOは最もシンプルなキューイング方式であり、Ethernet LANインターフェースで
デフォルトで有効
 になっているハードウェア処理可能なキューイング方式です。
FIFOはパケットを先着順で処理します。
 下図の通り、ルータに着信したパケットには優先順位はなく、着信順に処理されて転送されていきます。


   


 音声パケット、データパケットに優先度がないため、デフォルトのQoSの設定状態(つまりFIFO)において
 音声トラフィックを転送している場合は、音声品質に問題が発生するのではないかと思うかもしれませんが、
 
トラフィックが混雑していなければ問題は発生しません。例えばGigabitEthernetインターフェースであり
 例えば理論上100Mbps以下しか使用せず、トラフィックの混雑(輻輳)が発生しなければ問題はありません。

 一方で、出力側となるWAN側インターフェースが10Mbpsや100Mbpsしかない場合には、FIFOでは往々に
 して問題が発生することから、FIFOではないしかるべきQoS実装が行われることが一般的です。


 ◆ FIFOキューイングの詳細

 FIFOキューイングでは、全てのパケットが同じクラスに所属することからも、パケットの分類がありません
 そのため、アウトプットキュー(Output queue)が一杯の状態の場合、パケットはドロップされます。この
 パケットがドロップされる状態を
テールドロップ(tail drop)と呼びます。


   



 ルータにQoSを実装する場合は非常に負荷がかかりますが、このFIFOのハードウェア処理ではルータの
 負荷はほとんどありません。また、QoSのキューイング実装のなかで、FIFOは最も早くパケット転送の
 処理を行ってくれます。そのことから、音声トラフィックとデータトラフィックが混在していない場合や
 パケット優先度をつける必要がない場合、使用帯域に余裕がある場合はFIFOのままとすること一般的です。

 一方、GigabitEthernetインターフェースであっても、それをWANインターフェースとして使用する場合
 これから紹介していくCBWFQ、LLQなどのキューイング方式を実装したり、DSCP値などのマーキング、
 ポリシングやシェーピングなどを実装することが多いことから、QoS実装に細心の注意が必要となります。



QoS

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.