IP RTP Priority



 ◆ IP RTP Priorityとは

 IP RTP Priorityは、WFQのキューイング方式にPQのキューイング方式を追加したキューイング技術です。
 ちなみにLLQは、CBWFQのキューイング方式にPQのキューイング方式を追加したキューイング技術です。

 IP RTP Priorityの場合、
特定の範囲のUDP宛先ポートに属するRTPパケットのためにPQが作成されます。
 Cisco VoIP製品ではUDPポートの範囲(16384〜32767)を使用します。IP RTP Priorityを実装したCisco
 ルータはこのVoIPトラフィックを検知すると、輻輳時にそのトラフィックをPQに格納して最優先して転送
 します。PQが空の場合はWFQに基づいて他のキューが処理されます。

 LLQでは絶対優先キュー(Priorityキュー)に格納できるパケットをユーザが定義できることからも現在は
 音声パケットを最優先処理させるためにLLQが主に使用されます。IP RTP Priorityは、PPPマルチリンクや
 FrameRelayなどのレガシーWANでシンプルなコンフィグレーションを生かしてよく使用されていました。



 ◆ IP RTP Priorityの問題点

 IP RTP Priorityでは、RTPパケット(UDP:16384〜32767)はPQに格納して、最優先処理できますが、
 制御パケットである
RTCPパケット(VoIPシグナリング)については、PQ処理されずWFQで処理される
 問題点があります。つまり、最低保証帯域も指定できないことから、LLQよりも不安定な実装と言えます。


   


 RTP(Real-time Transport Protocol)は、音声や映像データをリアルタイムに再生するための伝送
 プロトコルです。RTPのパケット転送は、RTCPにより送受信のためのセッションが制御されています。


 ◆ IP RTP Priority - キューイング概要図


   



 ◆ IP RTP Priority - Ciscoルータのコンフィグ設定

 IP RTP Priorityコマンドは1行だけです。MQCも使用しません。コンフィグが簡素化されるという点が
 このキューイング方式のメリットです。

 ◆ IP RTP Priorityの設定
 (config)#
ip rtp priority starting-rtp-port-number port-number-range bandwidth

コマンド引数 説明
starting-rtp-port-number

 RTPパケットの照合基準となるUDPポートの最小番号を指定。16384と指定。

port-number-range

 UDPポートのレンジ番号の指定。16383と指定することで16384〜3768が対象となる。

bandwidth  PQに割り当てる最大帯域幅を「kbps」単位で指定。


 ◆ IP RTP Priorityの設定例
 (config)# ip rtp priority 16384 16383 45

 上記のようなIP RTP Priorityの設定例は、PPP MultilinkやFrameRelayなどで主にコンフィグされていました。



QoSをはじめから

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.