Cisco ACI - APIM-EM



 ◆ Cisco ACI - APIC-EMとは

 APIC-EM(APIC Enterprise Module)は「
LAN/WAN向けのSDNコントローラ 」のことです。一方、
 APICは「データセンター向けのSDNコントローラ」という位置づけとなります。低リスクで段階的に
 SDNを導入することができます。APIC-EMは、ライセンス不要であり、無料でダウンロードできます。

 APICに比べて実現可能なことが少ないですが、既存のCisco機器(Catalyst、ISR/ASR、WLC)などが
 利用できることから段階的にSDNを導入したい場合に有用です。APIC-EMでは、ネットワーク機器から
 様々な情報を収集して
ネットワーク構成や通信パスを視覚的に表示するだけでなく、ポリシーベースの
 
アプリケーションプロファイルを一元的に自動化します。ネットワーク制御が自動化されプログラムが
 可能になったことで、より柔軟で迅速にネットワークインフラを導入することができます。

 Cisco ACIのAPICとAPIC-EMで使用できるプロトコル、コントロールできる対象機器は下図の通りです。


   


 ちなみに、APIM-EMでは「
Path Trace App」や「Path Trace ACL」などの便利なアプリケーションを
 サポートしています。Path Trace Appでは、送信デバイスから宛先デバイスに転送されるまでのパスを
 確認できます。Path Trace ACLでは、定義したACLLにおいてどのACLによりパケットが破棄されるのかを
 GUIにて視覚的に確認できるため、ACL設定などで発生するトラブルを迅速に解決することに役立ちます。

 参考:NETCONF(Network Configuration Protocol)とは
 NETCONFは、ネットワーク機器の管理、設定データ情報の取得、新しい設定データのアップロードと操作
 のメカニズムを定義したプロトコルです。データモデリング言語には「
YANG」を使用しています。


 ◆ Cisco ACI - APIC-EMの利点

 ・ 設定とプロビジョニングがシンプル
 APIC-EMでは、
プロビジョニングとポリシー設定を自動化し、短時間でサービスを導入することができます。

 ・ 投資保護
 AIPC-EMでは、
既存のCisco機器で機能することから、新規にネットワーク機器を導入する必要はありません。

 ・ オープン性とプライグラマビリティ
 APIC-EMでは、
オープンAPIを使用した高度なプログラミングが可能であり革新的なNWサービスを開発可能。

 ・ 既存デバイスを変更する必要のないSouthbound API
 APIC-EMの
Southbound APIにCLIをサポートしており、SSHを使用して既存のNWデバイスと通信できます。



 ◆ Cisco ACI - APIC-EMでサポートされるアプリケーション

 ・ IWAN(Intelligent WAN)アプリケーション
 APIC-EMのIWAN(Intelligent WAN)アプリケーションは、Cisco 4000 ISRの高度な
IWAN機能の設定を
 自動化
します。IWANは、主にCisco IOS/IOS-XEルータを活用してWANをインテリジェント化することで
 ネットワークトラフィックの増加に合わせて、既存のWAN回線を効率的に運用させるソリューションです。

 ・ PnPアプリケーション
 APIC-EMのPnP(プラグ アンド プレイ)アプリケーションは、ルータ、スイッチ、WLC等のネットワーク
 機器を検出すると、それに対応するネットワーク情報のエントリを作成して自動的に設定します。いわゆる
 
ZTD(Zero Touch Deployment)を実現します。Zero Touch Deploymentは「 ゼロタッチ展開 」です。

 ・ Path Traceアプリケーション
 APIC-EMのPath Trace App」や「Path Trace ACL」によって、ネットワーク接続性に関するトラブル
 シューティング作業を大幅に簡素化して、ネットワーク管理者の負荷を軽減します。


     



仮想化技術(サーバ仮想化・ネットワーク仮想化)

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2018 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.