Stateful Packet Inspection / Stateful Failover



 ◆ ファイアウォールの基本機能

 ファイアウォール製品には、
ステートフルインスペクションステートフルフェールオーバーと呼ばれる
 ファイアウォールとしての2つの基本機能が備わっています。以降ではこれら2つの基本機能を解説します。
 ※ ステートフルインスペクションは、ステートフル パケット インスペクション(
SPI )とも呼ばれる。



 ◆ ステートフルインスペクション

 ステートフルインスペクションとは、ファイアウォールを通過するパケットの中身を見て、動的にポートを
 開放したり、閉鎖したりする機能のことです。このステートフルインスペクションではLAN側から送信した
 データをセッションログとして一時的に保存しておき、WAN(インターネット)側から到着したパケットが
 セッションログと整合性が合うかどうかを確認して、
整合性があう場合は開放、矛盾する場合は閉鎖します。


    


 一般的に、このステートフルインスペクションは
 LAN側(内部)から発信したトラフィックは、その
 戻りのトラフィックを動的に許可させて、WAN側
 から開始される着信トラフィックは拒否するという
 実装で使用する機能です。

 Cisco ASAやJuniper SRXなどの主要なFWでは
 ステートフルインスペクションがデフォルトで
 有効な仕様なので、特に設定が必要ありません。


 ◆ ステートフルフェールオーバー

 ステートフルフェールオーバーとは、ファイアウォールで保持している通信セッションの情報を、冗長化
 したバックアップのファイアウォールに引き継つぐことができる機能のことです。この機能により、主系
 のファイアウォールに障害が発生した場合でも、副系のファイアウォールで通信を継続することができる。

 ステートフルフェールオーバーを実装させるために、冗長化を構成する2台のファイアウォール同士を
 フェールオーバーケーブルで接続します。このフェールオーバーケーブルは、ファイアウォール製品に
 よって異なり、専用ケーブルまたはLANケーブルを使用します。フェールオーバーケーブルで接続した
 ファイアウォール間のリンクは
フェールオーバーリンクと言い、このリンクでFWの正常性を確認します。


   



 冗長化されたファイアウォールには
アクティブスタンバイの役割を持ちます。正常時はアクティブの
 ファイアウォールがパケット転送の処理を行い、アクティブ機からスタンバイ機へ通信のセッション情報
 が継続的に同期されます。同期される通信セッション情報には、例えばTCPセッション、UDPセッション
 NAT変換テーブル、ARPテーブルなどがあります。

 アクティブ機にハードウェア障害やインターフェース障害が発生した場合、その情報はフェールオーバー
 リンク上で伝えられて、スタンバイ機がアクティブ機に昇格します。このタイミングで本来アクティブ機
 であったファイアウォールのIPアドレスとMACアドレスは、スタンバイ機に引き継がれることになります。
 また、新たにアクティブ機になったファイアウォールには既存の通信セッション情報が引き継がれている
 のでクライアント側は継続的な通信を行うことができます。※ 本内容はFW製品により動作は異なります。


   



ネットワークセキュリティ

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.