◆ QoSの全体像を理解するための解説

 ◆ QoSとは

 ◆ QoS - DiffServモデルの処理フロー


 

 ◆ QoS技術 - 輻輳管理( キューイング・スケジューリングの技術 )

 ◆ FIFO - LANポートのデフォルト

 ◆ PQ - レガシー技術

 ◆ CQ - レガシー技術

 ◆ WFQ - Serialポートのデフォルト(単独での利用ケースは少ない)

 ◆ CBWFQ - CBWFQ+PQを組み合わせたLLQが一般的に使用される

 ◆ LLQ - 現在の企業ネットワークで主に使用されているキューイング

 ◆ IP RTP Priority - PPPマルチリンク、FRでよく使用されていた技術

 

 

 ◆ QoS技術 - 分類とマーキング( トラフィックの分類・マーキング )

 ◆ IP Precedence - IPパケットの分類、マーキング

 ◆ DSCP - IPパケットの分類、マーキング

 ◆ CoS - イーサネットフレームの分類、マーキング

 ◆ NBAR - アプリケーションレベル( L4〜L7 )の分類


 

 ◆ QoS技術 - 輻輳回避( 輻輳を発生させないようにする技術 )

 ◆ WRED

 ◆ WRED - コンフィグ設定

 

 

 ◆ QoS技術 - ポリシング・シェーピング(利用可能な帯域を制限する技術)

 ◆ ポリシングとシェーピングの概要

 ◆ ポリシング - Class-based Policing

 ◆ ポリシング - Class-Based Policing - シングルトークバケット

 ◆ ポリシング - Class-Based Policing - デュアルトークバケット

 ◆ ポリシング - CAR - 現在ではほぼ使用されていないポリシング

 ◆ シェーピング - Class-Based Shaping


 

  QoS技術 - NWエンジニアとしての仕事やCCIEで役立つ技術

  シェーピング - Class-Based Shaping 階層型ポリシーマップ

  QoS設定例 - WANでの音声とデータトラフィック転送 - 基本

 
 QoS設定例 - WANでの音声とデータトラフィック転送 - 応用

 
 QoS Pre-classify( QoS 事前分類 )とは

  LFI(Link Fragmentation and Interleaving)とは

  参考書:Cisco QOS Official Cert Guide Kindle版 - CCIEラボ対策書

 















ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.