DHCP Relay Agent



 ◆ DHCPリレーエージェント

 DHCPサーバとDHCPクライアントとの通信ではブロードキャストアドレスが使用されるので、DHCPサーバと
 DHCPクライアントは同じネットワーク(サブネット)にいる必要があります。が、現在のLANネットワークは
 多くのサブネットが存在し、そのサブネットをルータやL3スイッチで分離しています。ルータやL3スイッチは
 ブロードキャストを通過させないのでDHCP環境を構築したい場合、サブネットごとにDHCPサーバを導入する
 必要がありますが、コスト的に現実的ではありません。そこで、DHCPリレーエージェント機能が役立ちます。


   




 
DHCPリレーエージェント機能により、DHCPサーバとDHCPクライアントが異なるサブネットに存在しても
 DHCPクライアントから受信した
ブロードキャストをユニキャストに変換して、DHCPサーバに転送します。
 現在では、ルータやL3スイッチのネットワーク機器でDHCPリレーエージェント機能を持たせるのが一般的。


    



DHCPとは

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.