TCP/IP - ICMP (PING)



 ◆ ping(ピング)とは

 ping とは、ICMPプロトコルを使用したネットワークの診断プログラムです。PCやネットワークの機器
 などで実際に使用するコマンドも “ping” という単語を使用します。このpingにより宛先となるノードと
 通信できるか(IPの到達性があるか)どうかを確認することができます。pingが成功すれば送信元と宛先
 とでIPの通信に問題がないことが証明されて、pingが失敗すればIP上の通信に問題があると判断できます。



 ◆ Windows の PING - Reply From(からの応答)

 以下はWindowsのコマンドプロンプトでpingを実行した結果。「ping 192.168.0.1」と入力してEnter
 を押した結果です。192.168.0.1に ping が成功しており、pingコマンドを実行したPCとIPでの通信が
 できることを証明しています。Windowsの場合は、デフォルトで4回のICMPメッセージが送信されます。


  


 
@ Windows 7 以降の表示( ping 192.168.0.1 の実行結果)

 192.168.0.1 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
 
192.168.0.1 からの応答:バイト数 = 32 時間 <1ms TTL=128
 192.168.0.1 からの応答:バイト数 = 32 時間 <1ms TTL=128
 192.168.0.1 からの応答:バイト数 = 32 時間 <1ms TTL=128
 192.168.0.1 からの応答:バイト数 = 32 時間 <1ms TTL=128

Reply from 192.168.0.1: byte=32 time<1ms TTL=128( 英語表示の場合 )
Reply from  PINGが成功した場合に表示。
byte=32  ICMPパケットのデータサイズ。デフォルトで32byteのデータが送信。
time<1ms  ICMPパケットの応答までに経過した時間。今回は1ミリ秒(0.001秒)時間を要したことが分かる。
TTL=128  何台のLayer3機器を通過することができるのかを示す。残り128台通過できることが分かる。


 ◆ Windows の PING - Request time out(要求がタイムアウトしました)

 以下のように「要求がタイムアウトしました」と表示される場合、宛先の機器と通信できないことを意味
 しています。ただし、WindowsファイアウォールのようにICMPだけをブロックしているケース、経路途中
 にあるルータなどでセキュリティ上の観点でICMP通信を制限しているケースなどでは、このメッセージが
 出力されても
通信できないのはICMPの通信だけであり、TCP/IPにおける通信が問題ないケースがあります。


 


 A Windows 7 以降の表示( ping 192.168.0.1 の実行結果)

 192.168.0.1 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
 
要求がタイムアウトしました。
 要求がタイムアウトしました。
 要求がタイムアウトしました。
 要求がタイムアウトしました。




 ◆ Windows の PING - Destination net unreachable(宛先ネットワークに到達できません)

 以下のように「宛先ネットワークに到達できません」と表示されている場合はPINGが失敗しています。
 172.16.0.1にPINGをした結果、172.16.0.1からの応答はありませんが、代わりに 192.168.0.254 が
 応答している状態です。これは、192.168.0.254 まではパケットが到達したけれど、ルータの時点で
 ルーティング情報がなくて、宛先ネットワークに対してパケット転送できなかったことを示しています。

 ※ Ciscoルータのインターフェースに、ICMPを拒否するアクセスリストを適用している時も、同じICMPメッセージをPCは受信。

  


 B Windows 7 以降の表示( ping 172.16.0.1 の実行結果)

 172.16.0.1 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
 
192.168.0.254 からの応答:宛先ネットワークに到達できません。
 192.168.0.254 からの応答:宛先ネットワークに到達できません。
 192.168.0.254 からの応答:宛先ネットワークに到達できません。
 192.168.0.254 からの応答:宛先ネットワークに到達できません。


 ◆ Windows の PING - Destination host unreachable(宛先ホストに到達できません)

 以下のように「宛先ホストに到達できません」と表示されている場合もPINGが失敗しています。この
 エラーは「net」ではなく「host」です。このエラーメッセージは192.168.0.254のルータまでは到達
 して宛先のネットワークへの到達性があるが、該当する機器(ホスト)に到達できない事を意味します。
 または、この機器(172.16.0.1)へのルーティングが見つけられないことを意味するメッセージです。

 ※ Ciscoルータの場合、172.16.0.1へのルーティングが見つけられないと、pingを実行したホストに対してこのメッセージを返答。


 


 C Windows 7 の表示( ping 172.16.0.1 の実行結果)

 172.16.0.1 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
 192.168.0.254 からの応答:宛先ホストに到達できません。
 192.168.0.254 からの応答:宛先ホストに到達できません。
 192.168.0.254 からの応答:宛先ホストに到達できません。
 192.168.0.254 からの応答:宛先ホストに到達できません。




 ◆ Windows の PING - TTL expired in transit(転送中にTTLが期限切れになりました)

 その他のエラーメッセージに「 192.168.0.254からの応答: 転送中にTTLが期限切れになりました 」
 があります。TTLの超過によるエラーを 192.168.0.254 からpingを実行したホストに伝達しています。
 つまり、宛先にパケットを届けるために128台以上のルータ(L3)を経由することが必要となった結果、
 途中でパケットが廃棄されたことを意味します。しかし、このエラーメッセージが出力される場合には
 ルータ側の
設定ミスによるルーティングループが原因であることがほとんどです。

 D Windows 7 の表示( ping 172.16.0.1 の実行結果)

 172.16.0.1 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
 192.168.0.254 からの応答:転送中に TTL が期限切れになりました。
 192.168.0.254 からの応答:転送中に TTL が期限切れになりました。
 192.168.0.254 からの応答:転送中に TTL が期限切れになりました。
 192.168.0.254 からの応答:転送中に TTL が期限切れになりました。



ICMPとは ICMP - traceroute

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2018 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.