Ethernet Type Number



 ◆ Ethernetタイプ番号 ( Ethernet Type Number )

 Ethernetタイプ番号は、上位層のプロトコルを識別するための番号のことでありEthernetヘッダに16ビット
 の情報です。例えばタイプ番号が 0800 の場合はIP、0806 の場合はARPとなります。この番号は16進数で
 表示されます。以下は主要なタイプ番号表です。なお、タイプ番号の最新情報はIANAサイトで確認できます。

   

タイプ番号 ( 16進数 ) Protocol
0000-05DC IEEE802.3 Length Field ( 0 〜 1500 )
0101-01FF 実験用
0800 Internet IP ( IPv4 )
0806 Address Resolution Protocol ( ARP )
8035 Reverse Address Resolution Protocol ( RARP )
805B VMTP ( Versatile Message Transaction Protocol )
809B AppleTalk ( EtherTalk )
80F3 AppleTalk Address Resolution Porotocol ( AARP )
8137 IPX ( Novell Netware )
814C SNMP over Ethernet
8191 NetBIOS/NetBEUI
817D XTP
86DD IP version 6 ( IPv6 )
8863 PPPoE Discovery Stage
8864 PPPoE Session Stage
9000 Loopback ( Configuration Test Protocol )


 ◆ Catalystで実装する mac-access-list の理解

 Catalystスイッチでは、名前付きMACアクセスリストを使用することで、Ethernetフレームのタイプ番号に
 基づいたフィルタリングが可能です。この mac-access-list は
非IPv4トラフィックをフィルタリングする
 ために使用するものでありL3 I/Fには適用できません。一般的にL2の物理ポートにPACLとして適用させます。


 
Switch(config)#mac access-list extended M-pacl
 Switch(config-ext-macl)#permit any any ?


   <0-65535>

   aarp
   amber
   appletalk
   cos
   dec-spanning
   decnet-iv
   diagnostic
   dsm
   etype-6000
   etype-8042
   lat
   lavc-sca
   lsap
   mop-console

   mop-dump
   msdos
   mumps
   netbios
   vines-echo
   vines-ip

   xns-idp



 An arbitrary EtherType in decimal, hex, or octal
 EtherType: AppleTalk ARP
 EtherType: DEC-Amber
 EtherType: AppleTalk/EtherTalk
 CoS value
 EtherType: DEC-Spanning-Tree
 EtherType: DECnet Phase IV
 EtherType: DEC-Diagnostic
 EtherType: DEC-DSM
 EtherType: 0x6000

 EtherType: 0x8042
 EtherType: DEC-LAT
 EtherType: DEC-LAVC-SCA
 LSAP value
 EtherType: DEC-MOP Remote Console
 EtherType: DEC-MOP Dump
 EtherType: DEC-MSDOS

 EtherType: DEC-MUMPS
 EtherType: DEC-NETBIOS
 EtherType: VINES Echo
 EtherType: VINES IP
 EtherType: XNS IDP





 ◆ イーサネットフレームについて

 EthernetフレームといえばDIX規格のEthernetフレームのことを一般的に指しますが、Ethernetフレーム
 としてその他にIEEE802.3のEthernetフレームも存在します。Ethernetの長い歴史を省略し簡潔にいうと、
 一般的に、TCP/IPで使用しているのが
DIX Ethernetフレームであり、Netware、Netbiosで使用するのが
 IEEE802.3 Ethernetフレームです。これらのEthernetフレームフォーマットの詳細は、下図のとおりです。


   



 Ethernetフレームフォーマットを厳密に見ると、Ethernetフレームの先頭には
プリアンブルと呼ばれる
 8byteの情報が存在します。これはLANに接続されているI/Fに、これからフレームを送信させる事を認識
 させて同期をとるタイミングを与えるための信号のこと。IEEE802.3Ethernetフレームの場合、7byteの
 プリアンブルと1byteのSFD(Start Frame Delimiter)のフィールドに分かれていますが、その内容はDIX
 Ethernetフレームと同じ。プリアンブルはフレーム長に含めないのでEthernetフレームは
64〜1518byte



イーサネット(Ethernet)LAN

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.