WAN - DTE / DCE / ONU



 ◆ WANの基本構成とデバイス

 WANで使用するデバイスと機器構成は以下の通りです。ただし、WANサービスの種類により異なります。


   

 
WANデバイス 説明
DTE

 DTE(Data Terminal Equipment)はデータを送受信するユーザ側の機器。DTEはDCEを介して
 WANと接続を行い通信する。WANがシリアル回線の場合、DTEはDCEから供給されるクロック信号
 を利用して通信する。DTEはルータ、パソコンなどが該当します。DTEの日本語訳は
データ端末装置

DCE

 DCE(Data Circuit-Terminating Equipment)は、DTEから送られる信号をDCEが接続している
 網に適した信号に変換して送信。WANの網から送られてくる信号をDTEに適した信号に変換し送信。
 WANがシリアル回線の場合、DCEは
クロック信号を送信する。DCEはモデム、DSU、ONUが該当。
 WAN回線サービスの種類に応じてDCEの機器が異なる。DCEの日本語訳は
データ回線終端装置

CPE

 CPE(Customer Premises Equipment)は、契約した加入者宅に設置される通信機器の総称。
 CPEは、DSUなどのDCEだけでなくルータなどのDTEなども含まれる。CPEの訳は
顧客宅内機器

分解点

 キャリアと加入者の責任分解点を示す。日本では、DSU、ONUもキャリアのレンタル機器となる
 ことから責任分解点はDCE以降はキャリア側、DCEまでの配線部分までが加入者(企業)側となる。

ローカルループ

 ローカルループは、加入者の敷地にある責任分解点からキャリア網のWAN機器までの回線のこと。
 WANがPSTNやISDNの場合は
ローカルループ、WANがPSTNやISDN以外ならアクセス回線という。



 以下の項目ではDCEの代表例である
モデム
 
DSUONUについて詳しく解説しています。

 なお、現在ではアナログモデムはWAN回線の
 DCEとして使用される事は、ほぼありません。

 モデムの使われ方は、モデム内蔵のPCから
 アナログ回線にダイヤルアップ接続を行って
 企業ネットワークにアクセスして通信機器の
 メンテナンスを行うといった管理アクセスの
 手段として使用することが多いです。


DCE 説明
モデム

 PSTN (Public Switched Telephone Network) との接続時に使用されるDCE。PSTNは公衆電話網。
 モデムを利用する場合はアナログ接続となるので、モデムはアナログのローカルループを終端する。

DSU

 ISDN (Integrated Service Digital Network) との接続か、デジタル専用線との接続時に使用される
 DCE。DSUを利用する場合はデジタル接続となるのでDSUはデジタルのローカルループを終端する。

ONU

 IP-VPNや広域イーサネットとの接続か、高速なデジタル専用線との接続時に使用されるDCE。
 ONU (Optical Network Unit) :光回線終端装置という名前どおり、アクセス回線は光ファイバー。




 ◆ DTEとDCEのケーブル接続

 現在企業ネットワークで使用されている主なWANサービスは [インターネットVPN] ⇒ [IP-VPN] ⇒
 [広域イーサネット] ⇒ [専用線]の順位で使用されていることから、DCEが「ONU」になることが多く
 DTEとDCEとの接続ケーブルは、RJ45のLANケーブル(UTPケーブル)を使用するのが極めて一般的です。


    



 一方、従来のWANにおけるDTEとDCEとの接続ケーブルには、シリアルケーブルを主に使用していました。
 その場合はルータには「シリアルインターフェース」を用意して、DTEとDCEとの接続はその規格に適合した
 シリアルケーブルで接続します。Ciscoルータでは、以下の規格のシリアルインターフェース規格をサポート。
 使用するシリアルケーブルは、ルータのシリアルI/FとDCEのコネクタの形状を確認した上で選択しましょう。


   



 Ciscoルータで実際に現在接続されているシリアルケーブルの規格を確認するためにはshow controllers
 コマンドを使用します。上図のルータではSerial 0/0にシリアルケーブルが接続しているので、以下の通り
 show controllers s0/0 と入力することで、このシリアルケーブルの規格が V.35 であることが分かります。

 


 ◆ Ciscoルータでの検証接続

 Ciscoルータでは、検証目的で2台のルータ間をDCEなしで、シリアルケーブルにより接続する事ができます。
 2台のCiscoルータを直結できるシリアルケーブルをバックツーバックケーブルと言います。この構成の場合、
 1台のルータがDTE、もう1台のルータがDCEとして動作する必要があります。バックツーバックケーブルの
 のコネクタにDCEと書いている方がDCEとなるのですが、本来のDCEの役割同様にクロック信号をDTEに対し
 供給する必要があります。ルータでDCEとしてクロック信号を供給するにはclock rateコマンドを使用します。


       



 clock rateコマンドの単位は
bpsなので、64Kbpsの場合「64000」となります。以下の通りに入力します。

 


 上図のR1が正しくDCEとして動作をして、クロック供給しているかはshow controllersコマンドで確認します。

 



 clock rateコマンドで64Kbpsと定義しても、sh interfacesで確認できる帯域幅のBWという部分は、変更
 されません。EIGRPやOSPFなどのルーティングプロトコルではこのBWという値を見てメトリック値を算出
 しているので、正確なメトリック値の計算を行うためには、bandwidthコマンドで変更する必要があります。
 clock rateコマンドの単位はbpsですが、bandwidthコマンドの単位は kbps なので 64kbps なら 64 と入力。

 


 show interfacesで「BW」の値が変更されたことを確認できます。なお、bandwidthコマンドで帯域幅
 の値を変更しても実際の通信速度が64Kbpsになるのではなく、メトリック計算上の値として使用されます。

 



WAN(Wide Area Network)とは WAN - 専用線、PSTN、ISDN

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.