Cisco Wireless LAN Solution - Network Design



 ◆ SSIDに対するVLANのマッピング

 Cisco APでは1つのアクセスポイントごとに最大
16のSSIDを設定できます。( 機種により異なります )
 そしてSSIDごとに異なる無線LANポリシー(認証方式、暗号化方式、周波数)を適用したり、VLANを
 マッピングできます。1つのSSIDにマッピングできるVLANは1つなのでAPは最大16のVLANをサポート。

 「複数のSSIDのサポートとSSIDごとの無線LANポリシーやVLANマッピング」をサポートしていることで
 Ciscoの無線LANネットワークでは、柔軟なセキュリティ制御や通信制御を実現しています。下図のように
 ゲスト用のSSIDと社内用のSSIDを分離することで、ゲスト用のVLANと社内用のVLANを分離できるので、
 L3スイッチのアクセスリストで制限することで社内ネットワークにアクセスできないように制限できます。


   


 ◆ 集中管理型 - Cisco無線LANの基本構成

 分散管理型のAutonomous APではなく集中管理型のアクセスポイントを導入する場合、以下の構成が
 基本構成となります。APは複数のL2スイッチに分散接続し、無線LANコントローラは冗長化して異なる
 L3スイッチに分散接続することにより、無線LANシステム全体のダウンを回避する構成にするのが推奨。
 ※ WAN側に位置するAPにもWLC配下にしたい場合、一般的にそのAPをFlexConnectモードにします。


    




 ◆ 集中管理型 - WLCにおけるインターフェース用語

 WLCで設定するI/Fは大きく2つあります。1つはスタティックインターフェース(system-defined)で
 もう1つはダイナミックインターフェース(user-defined)です。これらのインターフェースの意味は以下。

WLC - 2種類のインターフェース
スタティックインターフェース

 WLCシステム内部でデフォルトで保持する3つのインターフェース。
 @
management、A service-port、B Virtual

ダイナミックインターフェース

 管理者が定義したVLANインターフェース。ネットワーク構成に応じて
 必要な分だけ作成する。ここで設定されたVLAN番号が無線デバイスに付与される。


スタティックインターフェース - 3つのインターフェース
management

 L3 CAPWAPモードにおいて、アクセスポイントと通信する時に使用するインターフェース。
 つまり、APがWLCとCAPWAPトンネルを構築する時はここで設定するIPアドレス宛てとなる。

service-port

 WLCへ管理アクセスするためのローカルポート。

Virtual

 Mobility Group、DHCP Proxy、VPN/Web認証の宛先アドレスとして利用するインターフェース。
 ルーテッドサブネットとして設定しないことから、「1.1.1.1」 などのIPアドレスが割り当てられる。



 ◆ 集中管理型 - Cisco無線LANにおけるIPアドレッシング例

 WLCのインターフェースとIPの位置づけが理解できれば、適切なIPアドレッシングができるかと思います。
 注意点として、無線LANクライアントPCで設定するデフォルトゲートウェイはWLCのIPアドレスではなく、
 L3スイッチ等のルーティングデバイスとなります。CAPWAPの仕組みが理解できれば分かるかと思います。


  


 APとL2/L3スイッチとの間はトランクポートではなくアクセスポートにします。AP配下に複数のVLANが存在
 することから、一見、トランク接続が必要なように見えますが、CAPWAPトンネルでこれらのトラフィックが
 転送されるので、APとWLCのManagement InterfaceのIPアドレスに通信できればOKなので上図の通りです。
 WLCのI/Fは、CAPWAPのカプセル解除後にトラフィック転送を行う必要があるので
トランクポートにします。

 下図は、WLAN端末「192.168.10.5/24」からL3スイッチ「192.168.10.254/24」にPINGを実行した際の
 フロー。集中管理型のネットワークでは下図のようにパケットの行きも帰りもWLCを介した通信となります。


  



Cisco無線LAN - WLC 設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.