Wireless LAN - Windows 7 Ad Hoc



 ◆ 無線LAN - Windows 7 アドホックモードでの通信

 最初にIPアドレスの設定をします。「コントロールパネル」⇒「ネットワークとインターネット」を選択。

 



 「ネットワークと共有センター」を選択します。

 



 「アダプターの設定の変更」 を選択します。

 



 「ワイヤレスネットワーク接続」を右クリックして「プロパティ」を選択します。

 



 「インターネットプロトコルバージョン 4 (TCP/IPv4)」を選択し「プロパティ(R)」を選択します。

          



 IPアドレスを設定します。今回は「192.168.0.1/24」と設定します。設定後「OK」を選択します。

         



 IPアドレスの設定後、その設定保存のためにここで「OK」を選択して画面を一度閉じる必要があります。

          



 再度「ワイヤレスネットワーク接続」を右クリックし再度以下の画面を開きます。次に「構成(C)」を選択。

          



 以下の画面はPCの無線LANアダプタにより異なりますが、意識する必要のある設定項目は同じです。ここでは
 アドホックモードで使用する「規格とチャネル」を設定。今回は 11b/g でチャネル【1】を使用するよう設定。

         


 続いて「ネットワークと共有センター」に戻って「新しい接続またはネットワークのセットアップ」を選択。

 



 「ワイヤレスアドホック(コンピューター相互)ネットワークを設定します」を選択し「次へ」を選択。

  



 「次へ」を選択します。

  



 無線LANにおけるセキュリティ設定を行います。

  

アドホックネットワークのセットアップの見方
ネットワーク名  SSIDのこと。無線LANでの識別子。このIDが同じもの同士が接続できる。例として「 nfra」とする。
セキュリティの種類

 暗号化方式を選択します。アドホック通信の仕様通り、ここではWEPを選択する。

セキュリティ キー

 WEPキーを英文字にする場合、5文字または13文字を入力する。数字の場合10字または26字とする。
 アドホック接続する両機器で同じ文字列を設定する必要がある。今回の場合例えば「1234567890」
 の10字の数字をWEPキーとして入力しているが、実際には、もっと複雑なWEPキーの情報にしよう。

このネットワークを
保存します

 チェックすることで「ワイヤレスネットワークの管理」で、アドホック通信用の設定情報を残せる。



 以下の画面が表示されたら何もクリックせずに「閉じる」を選択して画面を閉じます。これで設定完了。

   


 今回設定した情報は「ネットワークと共有センター」→「ワイヤレスネットワークの管理」で確認できます。

 



 以上の設定が完了し、タスクバーの「ネットワークアイコン」を選択すると、アドホック通信する相手側の
 PCの設定が完了していない場合、右下図のように「ユーザを待機しています」という状態になっています。

以下のアイコンをクリック 「 ユーザ―を待機しています 」



    


アドホックモード通信を終了するために

 アドホックモードでの接続が行われると、右図の通り
 「接続」状態になります。アドホックモードの通信を
 終了させるためには「切断」を選択します。


 アドホックモードで通信する相手側のWLANクライアントでアドホックモードの設定が完了して、相手側が
 接続を待っている状態の場合、タスクバーにある「ネットワークアイコン」を選択すると、相手側の端末の
 SSIDが見えているのでそれを選択します。そうすると以下の画面が表示されるので、相手側PCで設定した
 したWEPキーを入力すれば、2台でアドホックモードの通信が可能となります。


            



 アドホックモード通信において理論上どのくらいの通信速度が出ていて、どのくらいの電波状態であるのかは
 「ネットワークと共有センタ」⇒「アダプターの設定の変更」⇒「ワイヤレスネットワーク接続」を選択する
 と以下の画面が表示されます。SSIDが「infra」理論上速度が「54Mbps」電波強度が「最大」だと分かります。


            



       






無線LAN - アドホックモードの設定 - Windows Vista

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2016 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.