Windows 7 SoftAP



 ◆ Windows 7 SoftAPとは

 Windows 7では
SoftAPという機能があります。SoftAPとはWindows 7のPCをWiFiアクセスポイントとして
 動作させられる機能のことです。つまりWindows 7のPCをWiFiルータとして動作させられるということです。


     


 実際に上図の構成でiPhoneとXperiaをWindows 7にWi-Fi接続させてみましたが、問題なく動作しました。
 Wi-Fiスポットのように不特定多数の人が無線LAN接続する環境ではないので、パケットの衝突や電波干渉
 などはほぼ皆無であり、LTE並み(それ以上)の高速通信とLTE以上の安定した高速通信を体感できました。



 ◆ Windows 7 SoftAPの設定方法

 Windows 7 SoftAPで成功した当方のPCは以下の構成です。無線LANアダプタさえあれば何とかなります。

PC OS Wireless LAN Adapter
Panasonic Let's NOTE(CF-N9) Windows 7 Professinal SP1 Intel(R) Centrino(R) Advanced-N 6250 AGN


 先ず「ネットワークと共有センター」→「アダプタの設定変更」を選択して現在の状態を確認しましょう。
 以降の解説手順に従うと、以下の赤枠部分の名称やステータスが自動的に変更され、SoftAPが使用できる
 状態になります。現時点でMicrosoft Virtual WiFi Miniport Adapterが表示されていなくても問題ないです。

       


 手順1 : 管理者権限でコマンドプロンプトの実行

 スタートボタン⇒検索で
cmd.exeと入力⇒右クリックで「管理者として実行」でコマンドプロンプトを開く。

             



 手順2 : Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapterの有効化

 有効化するために「netsh wlan set hostednetwork mode=allow」をコマンドプロンプトで入力します。
 
※「 ホストされたネットワークモードは許可に設定されています 」が出力される。無効化する場合 allowではなく disallowと入力。

 



 手順3 : Microsoft Virtual WiFi Miniport AdapterのSSIDの設定

 SSIDを設定するために「netsh wlan set hostednetwork ssid=SSID名」と入力。例えば、SSIDの名前を
 「infraking」とする場合は「netsh wlan set hostednetwork ssid=infraking」のように入力。SSIDを設定
 しない場合、自身のPCのコンピュータ名がSSIDとなってしまうため以下の通りSSIDを設定することが推奨。

 



 手順4 : Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapterのパスワード(Preshared-key)の設定

 アクセスポイントとなるWindows 7に無線LAN接続する際に、iPhoneやiPadなどで入力するパスワード設定。
 ここでは例としてパスワードに「test1234」と設定しているので、iPhoneなどの無線LAN接続時にパスワード
 として「test1234」と入力する。※ WPA2-Personalという方式のパスワードなので、8文字以上で設定する。
 例:「netsh wlan set hostednetwork key=test1234 keyusage=persistent」

 



 手順5 : SoftAPのサービススタート

 「netsh wlan start hostednetwork」と入力すればサービスがスタートする。正常な状態は以下です。

 


 
※ 以下のように表示された場合はWindows7のPC上で無線LANアダプタが「無効化」または「OFF」の状態になっているので再確認。

 



 手順6 : インターネット接続の共有設定(要注意)

 「ネットワークと共有センター」→「アダプタの設定変更」の「Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapter」
 の名前が先ほど設定したSSID名「infraking」に変更されていることが確認できれば設定が成功しています。

 さて、次に「インターネット接続の共有設定」を行います。これは自宅のインターネット環境によって設定
 する
アイコンが異なります。当方の自宅では、Ciscoのブロードバンドルータを使用しインターネット接続
 を行ったいるため今回は「ローカルエリア接続」を右クリックし「プロパティ」を選択しています。例えば、
 ブロードバンドルータではなくモデムに接続している場合「
PPPoE-NEXT」などのアダプタを選択します。

 



 プロパティの「共有」を選択し、以下の通りにチェックして、「ホームネットワーク接続」に以下の通りに
 SSIDが表示されている「ワイヤレスネットワーク接続 2」を選択してOKを押します。これで全設定が完了。


          



 ※ Windows 7 SoftAPに無線LAN接続する際のiPhone5の設定は iPhone5-Windows7 SoftAP接続 をご参照下さい。


 ◇ 接続できない場合 ( トラブルシューティング )

 @ 全ての設定が完了した後、再度「netsh wlan start hostednetwork」を実行してサービススタートします。
 A それでも動作しない場合、PCの再起動後に再度、「netsh wlan start hostednetwork」を実行してみます。
 B Windows 7 Soft APに無線LAN接続するiPhoneなどの Wi-Fi 端末を再起動してから無線LAN接続させます。
 C 下図の赤枠の通り「ローカルエリア接続のプロパティ」で「 (TCP/IPv6) 」のチェックを外してOKを選択。


           


 なお、Windows7のSoftAPの設定やステータスは「netsh wlan show hostednetwork」で確認できます。

         


 
※ PCの電源をオフにして、起動後にサービスを実行するためにはnetsh wlan start hostednetworkを入力する必要があります。
 ※ PC起動中にサービスをオフにしたい場合は netsh wlan stop hostednetwork と入力することでサービスを停止できます。



 ◇ 接続できない場合 - 169.254.x.x のIPアドレス

 通常、169.254.x.xのIPアドレスが割り当てられる原因は主に以下の内容であり、簡単に問題を特定できます。
 ・ IPアドレスの重複(設定ミス)
 ・ DHCPサーバ(Wi-Fiルータ)などの故障
 ・ NICのドライバの問題

 ただし、Soft APの接続でこの現象が発生した場合、当然、上記の問題によって169.254.x.xのIPアドレスが
 割り当てられたわけではなく、この「169.254」が発生した場合、現時点で根本的な解決方法ないようです。

 仮に、偶然に問題解決できた場合でも不安定な状態が続くようであれば、時間の無駄と心労もかさなるので
 それ以上の多くの時間を費やして問題解決を行うよりも、現在では、Wi-Fi ルータが3000円前後で購入可能
 ですので、そちらも検討することをお勧めします。役立つ情報が得られ次第、随時アップデートいたします。



テザリングとは

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.