CCIEのちから CCIEとは CCIEの取得方法 CCIEの筆記試験対策 CCIEのラボ試験対策
CCIEのポリシー CCIEの参考書一覧 CCIE night 少しでも会社支援を! CCIEの技術解説


 
 CCIE night とは、シスコシステムズの開催するCCIE取得者を対象としたCCIE取得者のための交流会です。
 2年に1度くらい開催されます。以下は東京ミッドタウンホールで開催された時にスマホで撮影した写真です。
 CCIE nightは、CCIEを取得していれば参加費無料で豪華なワイン、食事、デザートが立食形式で食べ放題
 なのですが、これは取得者数が少なく希少価値の高いCCIEだからこそ開催できる交流会なのかもしれません。
 ※ 無料というか、実質的には2年ごとに試験の更新代として最低でも約60,000円を支払う必要があります。

 また、参加定員は100名で応募者多数の場合は抽選とはいえ、当方や同僚などを含めて応募した場合は必ず参加
 できており、応募者はいつも100名以下に収まっているのではないかと思っています。同僚のなかには、帽子を
 かぶりクイズをしたり(現在帽子なし)、発表したりというのが億劫という人もいたり、1回参加できればそれで
 いいという人もいて応募しない人も結構いたりします。そんなこんなで参加者が定員くらいなのかと推測します。
 あるいは、CCIEマルチホルダーを抽選漏れさせるわけにはいかないし、Ciscoさんも調整してくれているのかと。

18:30分に受付開始なので、会社仲間と
待ち合わせて、受付をし荷物を預けます。
そこでCCIE nightのバッジやビンゴゲーム
のカードを受け取ります。

時間になり中に入ると、先ずはキンキンに
冷えたワイン、ビール、オレンジジュース
などを受け取れます。今回は白ワインが
非常においしかったです。

CCIE nightは会社仲間や知り合い同士で
来ている人がほとんどで、19:00 までは
その輪のなかで雑談をしている感じです。
あと、当方の担当するお客様もCCIEなので
お会いした時には色々と会話を楽しみます。



    

 この食事のタイミングで、他社の見知らぬCCIEエンジニアと交流を深めるのが理想的なのかもしれませんが、
 いきなり輪の中に入るのは難しく、結局は自社のメンバーや元同僚との歓談となってしまう悲しい自分がいます。

 私のさみしい社交性はさておき、19:40 になると各チームに分かれてクイズ大会を行います。
 みなさん優秀な方なので少し気が引けるのですが、率先して回答を導き出す努力をするようにしました。
 ここで問題や回答を公開して良いのか分からないので公開しませんが、適度に頭を使う楽しい問題でした。

 クイズの後はビンゴゲームをしました。その後は新規CCIE取得者、CCDE取得者、CCIE6冠(若くてイケメン)が
 壇上にあがって称えられて、CCIEロゴの名刺入れをもらってました。名刺入れはとてもきれいなデザインでした。
 あとは帰りにおみやげとして参加者全員にCCIEカステラ(文明堂)、CCIEロゴ入りのマウスなどが渡されます。
 元同僚に会うことができたり、お客様とざっくばらんに話ができたり楽しいCCIE nightでした。みなさんに感謝。










ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.