Data Center



 ◆ データセンターとは

 データセンターは、企業が利用するサーバやネットワーク機器などを設置し収容する専用施設のことです。
 データセンターでは安定的なシステム運用ができるよう、冗長化された電源、熱対策のための空調の完備、
 入退室の厳格な認証、セキュリティ対策、耐震や防火対策などが行われています。

 データセンターでは、高度なセキュリティ設備と高速なインターネット回線を備えられており、大企業など
 規模の大きなシステムではセンター拠点としてよく利用されています。


  


 サーバなどのITシステムを自社内で運用管理をする
オンプレミスの運用形態の場合、サーバなどの機器を
 自社のサーバルームに配置するか、データセンターに配置するかを検討する必要があります。

 大企業の多くはデータセンターを利用しており、システム停止が許されない位置づけにあるサーバなどは
 データセンターに配置して、本社や支社からネットワーク回線経由でアクセスします。データセンターに
 配置するといっても全てのサーバを配置するのではなく、本社内や支社内にも配置するサーバもあります。



    




 オフィスのサーバルームを利用する場合、サーバ設置環境として次の対策状況を確認する必要があります。

サーバ設置に必要な対策 説明
電源設備  冗長化された電源システムであること。停電時にUPS(無停電電源装置)で電源供給できること。
空調システム  サーバなどのシステム機器に、最適な温度と湿度を維持できる空調システムを備えていること。
入退室管理  生体認証システムを導入するなど、入退室時にセキュリティ管理を確保できること。
監視カメラ  サーバルームの入退室者を監視できる監視カメラを天井に備えていること
耐震・防火対策  耐震性のあるサーバラックであること。消火設備をマシンルーム内に備えていること。


 ◆ データセンター:コロケーションとは

 コロケーションとは、データセンターの共同スペースにサーバやネットワーク機器等を設置することです。
 コロケーションは
ハウジングとも呼ばれています。データセンターのサービスによってはシステム機器の
 共同スペースへの設置だけでなく、保守・運用も行ってくれる付加サービスもあります。

 コロケーションのサービスにも多くの種類があり、1ラックだけを貸し出すだけのサービスだけではなく、
 高額な月額料金になりますが、専用個室ごとを提供するコロケーションサービスもあります。



 ◆ 環境負荷低減を実現した最新鋭のデータセンター

 データセンターは電力消費が莫大なものになるという観点から、環境負荷の高い施設であると言えます。
 そこで、最新鋭のデータセンターでは電力消費を抑えるための様々な取り組みがされています。

 例えばキヤノンITSが所有・運営する西東京データセンター1号棟では、CO2排出量を抑え環境負荷低減を
 実現する「空調機の運転周波数適正化」や冬季期間の外気を利用しながら効率よく熱交換を行う熱源設備
 である「フリークーリング」の導入などの取り組みが評価されて、優良特定地球温暖化対策事業の認定を
 受けています。

 ◆ キヤノンITSが所有・運営する「西東京データセンター」
 




サーバ技術をはじめから

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2021 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.