DHCP Server



 ◆ DHCP( Dynamic Host Configuration Protocol )サーバとは

 DHCPサーバとは、
LANなどに接続したコンピュータに、IPアドレスなどの設定情報を自動的に割り当てる
 サーバのことです。ネットワーク機器やサーバなど同じIPアドレスを使い続ける機器には手動でIPアドレス
 を設定しますが、企業のLANなどでクライアントPCのように台数が多くIPアドレスが変更されても問題ない
 コンピュータには、DHCPサーバによりIPアドレスを動的に割り当てることが一般的です。



 ◆ DHCPの構成要素

 DHCPの環境は「DHCPサーバ」と「DHCPクライアント」により構成されます。DHCPサーバになれるのは
 Windowsサーバ、Linuxサーバ、ルータなどになります。DHCPサーバのアプライアンスサーバもあります。

構成要素 役割 使用する機器
DHCPサーバ

IPアドレスの設定情報などを
DHCPクライアントに割り当てる

Windowsサーバ、Linuxサーバ、ルータなど
DHCPクライアント

IPアドレスの設定情報などを
DHCPサーバから割り当てられる

パソコン、IP電話など




 ◆ DHCPサーバから割り当てられるIPアドレス情報

 DHCPサーバから、DHCPクライアントに対して、以下のIPアドレスの設定情報を自動的に送信します。

 ・ 
IPアドレス
 ・ 
サブネットマスク
 ・ 
デフォルトゲートウェイ
 ・ 
DNSサーバのIPアドレス
 ・ 
IPアドレスの有効期限(IPアドレスのリース期間)


 一方、DHCPサーバでは以下の設定をします。DHCPクライアントはLAN接続すると、DHCPサーバに設定した
 割り当てるIPアドレスの中で、現在割り当てられていないIPアドレスを送信してクライアントに割り当てます。
 DHCPクライアントの電源を落としたり、ネットワークから切断すると、自動的にIPアドレスは回収されます。

 ・ クライアントに割り当てるIPアドレスの範囲
 ・ クライアントに割り当てないIPアドレス(除外するIPアドレス)
 ・ クライアントに伝達するサブネットマスク
 ・ クライアントに伝達するデフォルトゲートウェイのIPアドレス
 ・ クライアントに伝達するDNSサーバのIPアドレス
 ・ クライアントに割り当てるIPアドレスの有効期間(IPアドレスのリース期間)



  



 DHCPサーバを導入することで、クライアントPCのIPアドレスを手動で割り当てる必要がなくなるだけでなく
 IPアドレスの重複による問題が起こりにくくなり、DHCPサーバ側でIPアドレスを一元管理できるメリットが
 あります。なお、DHCPサーバに障害が発生した場合、クライアントへのIPアドレス割り当てができなくなる
 ことから、企業ネットワークではDHCPサーバを2台配置して、DHCPサーバを冗長化させることが一般的です。



サーバ技術をはじめから

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2021 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.