AP Server



 ◆ APサーバ(Application Server)とは

 APサーバ(アプリケーションサーバ)とは、Web3層構造と呼ばれるWebシステムで、
アプリケーション
 プログラムを動作させるサーバ
のことです。APサーバはWebアプリケーションサーバとも呼ばれています。

 WebブラウザからWebサーバへの通信で、動的コンテンツを閲覧(例えばネットショッピング)する際は
 Webサーバ単独でサービスを提供しているのではなくWebサーバ、APサーバ、DBサーバの3つのサーバで
 Webサービスを提供しています。



  



 APサーバはWeb3層構造の中間に位置し、Webブラウザからのリクエストを処理する
Webサーバからの要求
 を受けてプログラムを実行
したり、必要に応じてDBサーバへの問い合わせや書き込み処理をし、処理結果を
 Webサーバへ提供する役割を担っています。

 WebブラウザからのHTTPリクエストが静的なコンテンツの要求だけである場合は、APサーバやDBサーバとの
 通信は発生せず、WebブラウザとWebサーバ間の通信だけで完結します。一方、ネットショッピングのように
 動的なコンテンツ要求は、WebサーバからAPサーバへと処理要求されて、さらにAPサーバからDBサーバへと
 書き込みや読み取りを行います。そして、その処理結果(動的コンテンツ生成結果)をWebサーバへ返します。

 ※ CGIなどの動的コンテンツの生成はWebサーバ上で実行するので、APサーバやDBサーバとの通信は発生しません。
 
※ Webシステムによっては、WebサーバとAPサーバを1台の物理サーバや仮想サーバ上で動作させる場合もあります。


 ◆ APサーバの分類

 ウェブアクセスに特化したAPサーバは、Javaベース製品とMicrosoft製品の大きく2つに分類できます。
 Javaベースの製品のAPサーバは、Jakarta EE( Java EEの後継 )アプリケーションサーバと言います。
 Jakarta EEや.NET Frameworkというフレームワークの観点からの2分類です。

APサーバ分類(フレームワーク) 代表的なサーバソフトウェア
Jakarta EEアプリケーションサーバ  Apache Tomcat(オープンソース)、WebLogic Server(オラクル)
Windowsプラットフォームのアプリケーションサーバ  IIS(マイクロソフト)



 使用するプログラミング言語により、APサーバは大きく4種類に分類できます。下表ではIISを除いています。
 PHPとPythonは、Apache HTTP Serverに拡張モジュールをインストールすることで、APサーバを別途用意
 することなく、Webサーバ(Apache HTTP Server)上で動的な処理を実現することができます。

APサーバ分類(プログラミング言語) 代表的なサーバソフトウェア
Java  Apache Tomcat(オープンソース)、WebLogic Server(オープンソース)
Ruby  Puma(オープンソース)、Unicorn(オープンソース)
PHP  Apacheに拡張モジュール(mod_php)をインストールすることで動的処理が実行可能
Python  Apacheに拡張モジュール(mod_wsgi)をインストールすることで動的処理が実行可能


 
クライアント側であるWebブラウザでは、標準でHTML、CSS、JavaScriptに対応しており、下図のようにまとめることができます。


  



サーバ技術をはじめから

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2021 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.