SNMP Manager



 ◆ SNMPマネージャとは

 SNMPマネージャは、サーバやネットワーク機器などをネットワーク経由により監視、制御するための
 SNMP(Simple Network Management Protocol)を使用し、管理や操作するサーバソフトウェアです。
 SNMPによって管理する側を
SNMPマネージャ、SNMPで管理される側をSNMPエージェントと言います。

 SNMPマネージャは管理者による操作内容に基づき、SNMPエージェントに対して「
情報の送信要求」や
 「
設定の変更要求」を送ります。SNMPマネージャからのこれらの要求に応じて、SNMPエージェントが
 要求された情報の送信をしたり、設定変更の結果を通知します。SNMPマネージャから情報を取りにいく
 この動作のことを
SNMPポーリングと言います。


   



 SNMPによるサーバ監視では、CPU使用率、メモリ使用率、ディスク使用率、プロセス監視などを行い、
 ネットワーク機器監視では、CPU使用率、メモリ使用率、ポートの状態、ポートのパケットの送受信の
 状況などを監視することができます。

 SNMPエージェント側で障害が発生した場合、SNMPエージェント側から能動的にSNMPマネージャに対し
 
SNMPトラップと呼ばれる「状態変化による通知」を行います。トラップを受信したSNMPマネージャは、
 SNMPマネージャ上でアラート画面を表示したり、管理者のメールアドレスに障害通知を行ったりします。


  


 ◆ MIB(Management Information Base)とは

 MIB(ミブ)とは、SNMPエージェントが持っている
機器情報の集合体のことです。SNMPマネージャと
 SNMPエージェントはMIBをやりとりすることで、SNMPエージェントのCPU使用率、メモリ使用率など
 様々な使用状況を確認しています。MIBにより分類された情報はツリー構造で管理されます。

 MIBにある情報の1つ1つを
オブジェクトと言います。例えばツリーの上から「iso、org、dod、internet」
 などがオブジェクトです。どのオブジェクトも
OID (オブジェクトID)で示されます。

 OIDは、MIBツリーの階層を通るパスを表すものです。例えばオブジェクトの「dod」は「iso⇒org⇒dod」
 をたどっていくことから「dod」のOIDは「1.3.6」です。例えば「cisco」のOIDは 1.3.6.1.4.1.9 です。


   



 MIBはSNMPエージェントにて保持しているものですが、SNMPマネージャはエージェントの保持している
 MIBの内容から現在の状態を判断するため、
SNMPマネージャにも、MIBの情報をインストールする必要
 あります。SNMP管理する機器のMIBの情報(MIBファイル)はメーカのサイトからダウンロードできます。



サーバ技術をはじめから

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2021 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.