BGP - Stub AS / Transit AS / Non-Transit AS



 ◆ BGP - ASの分類

 BGPのASは、他のASとの接続形態により
スタブASトランジットAS非トランジットASに分類されます。

ASの種類 説明
 スタブAS  シングルホームASとも言う。外部の1つのASとだけ接続しているAS。
 トランジットAS  複数のASとマルチホーム接続して、外部AS間のトラフィックを通過させるAS。
 非トランジットAS  複数のASとマルチホーム接続して、外部AS間のトラフィックは通過させないAS。




 ◆ スタブAS

 スタブAS(シングルホームAS)は、外部の1つのASとだけ接続しているASです。また、ASの定義のとおり
 1つの独立した管理組織である企業の社内ネットワークを1つのASとして考えた場合は、パターン2のように
 インターネットの出口であるISPに対してデフォルトルートを設定するネットワークもスタブASと言えます。


      



 ◆ トランジットAS

 トランジットASは、複数のASにマルチホーム接続して、外部AS間のトラフィックを通過させるASです。
 トランジットASでは、自分のAS内のルート情報もアドバタイズしますが、外部ASから受信したルートも
 アドバタイズします。ISPのASは一般的にトランジットASとなります。


    



 ◆ 非トランジットAS

 非トランジットASは、複数のASにマルチホーム接続し、外部AS間のトラフィックは通過させないASです。
 非トランジットASは、マルチホーム非トランジットASとも言います。非トランジットASは、自分のAS内の
 ルート情報はアドバタイズしますが、外部ASから受信したルートはアドバタイズしません。ISPでないなら
 トランジットさせる意味とメリットがないことから、グローバルASを持っている企業が、BGP接続によって
 マルチホーム接続する場合は非トランジットASにします。あくまで
自分のASのルートのみをアドバタイズ


     


 BGPでは、neighbor 〜 filter-list コマンドでフィルタリングを行うことで、非トランジットASとなります。
 EIGRPやOSPFでいえば、distribute-listなどでルートフィルタリングを行っているような状態を意味します。


 ◆ 企業ネットワークのインターネット接続

 多くの企業では、BGPを使用せずに契約したISPに対してデフォルトルートを設定してインターネット網に
 接続させています。企業規模が大きく、サービス系インフラも有していて、グローバルASを保持している
 場合は、BGPでマルチホーム接続して
フルルート( インターネット上の全てのルート )を受信する企業も
 あります。ただしその場合でも、企業ネットワークの接続なら「非トランジットAS」とする構成が多いです。



BGP(Border Gateway Protocol)

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2018 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.