BGP - Cisco Config



 ◆ BGP - 基本設定

 BGPの設定は、BGPプロトコルの有効化、BGPピアの設定、BGPルートのアドバタイズ設定の順で行います。
 BGPピアは複数指定できますが、1台のBGPルータで有効化できるBGPルーティングプロセスは1つだけです。

 ◆ BGPプロトコルの有効化
 (config)# router bgp as-number

コマンド引数 説明
 as-number

 自身のAS番号を 1 〜 65535 の範囲で指定



 BGPルート情報を交換したいBGPピアを指定します。ここで指定するネイバーのIPアドレスには、IP到達性が
 ある必要があります。AS番号は、自身と同じASを指定すればIBGPピア、異なるASを指定すればEBGPピアと
 BGPルータは認識します。

 ◆ BGPピアの設定
 (config-router)# neighbor ip-address remote-as as-number

コマンド引数 説明
 ip-address

 BGPネイバーのIPアドレスを指定( 指定するIPアドレスにIP到達性がある必要がある )

 as-number  BGPネイバーのAS番号を指定




 BGPピアを指定してネイバーが確立した時点で、BGPルータはBGPピアからBGPルートを受信できるように
 なります。また、その受信したBGPルートをBGPピアにアドバタイズすることができます。BGPで使用する
 networkコマンドは、
自分のAS内のルート情報をBGPルートとしてアドバタイズしたい場合に使用します。

 ◆ 自分のAS内ルートのアドバタイズ設定(オプション)
 (config-router)# network network mask mask

コマンド引数 説明
 network

 自分のAS内のルート情報をBGPでアドバタイズするネットワークアドレス

 mask  サブネットマスク( maskオプションを指定しない場合、クラスフルネットワークで通知 )



 IGPとBGPとでは、networkコマンドの意味が異なります。その違いは以下のとおりです。なお、BGPの
 networkコマンドで指定したネットワークをBGPピアにアドバタイズするためには、
マスク長も一致した
 
そのネットワークが、IGP等で学習されて自身のルーティングテーブル上に存在している必要があります。
 ※ IGPで学習しなくても、スタティックルートや直接接続(directly connected)での学習でもOKです。

IGP or BGP 説明
 IGPにおけるnetworkコマンド

 ルーティングプロトコルを有効化するインターフェースの指定

 BGPにおけるnetworkコマンド  自分のAS内のルート情報をBGPルートとしてアドバタイズするネットワークの指定


 ◆ BGPの設定例

 下図を前提にコンフィグ設定例を紹介します。また、設定例から以下の4点について理解を深めましょう。

 ・ BGPは、EIGRPやOSPFのようにマルチキャストで動的にネイバーを自動検出することはできない。
 ・ 
自分のAS内のネットワークをBGPルートとしてアドバタイズする時はnetworkコマンドを使用する。
 ・ networkコマンドで通知するための前提はそのルートをルーティングテーブルで学習していること。
 ・ 自分のAS内のネットワークを通知する必要がない場合には、networkコマンドの設定は必要はない。


  



 ◆ BGPの設定例

 R1(config)# router bgp 1
 R1(config-router)#neighbor 3.0.0.2 remote-as 2
 R1(config-router)#network 1.1.1.0 mask 255.255.255.0


 R2(config)# router bgp 2
 R2(config-router)#neighbor 3.0.0.1 remote-as 1
 R2(config-router)#network 2.2.2.0 mask 255.255.255.0




 ◆ 自分のAS内にあるルートを、BGPルートとしてアドバタイズする3つの方法

 BGPルートをBGPピアにアドバタイズする方法は、
networkコマンド以外に、ルート集約を行うための設定
 コマンドである
aggregate-addressコマンドによる方法と、IGPのBGPへの再配布による方法とがあります。

 インターネット環境におけるBGPルータでは、networkコマンドまたはaggregate-addressコマンドによる
 アドバタイズが一般的です。WAN環境におけるBGPルータでは、プライベートアドレスを使用することから
 networkコマンド、aggregate-addressコマンド、IGPをBGPへ再配布のどのパターンもよく使用されます。

BGPルートのアドバタイズ方法 説明
 networkコマンド  networkコマンドで、指定したネットワークをアドバタイズ
 aggregate-addressコマンド  aggregate-addressコマンドで、指定した集約ルートをアドバタイズ
 redistributeコマンド(IGPをBGPへ再配布)  redistributeコマンドで、該当するIGPのルートをBGPへアドバタイズ



BGP(Border Gateway Protocol)

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2020 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.