BGP - show ip bgp



 ◆ show ip bgpコマンドの見方

 次のBGPテーブルをもとに、show ip bgpコマンドの見方を解説します。

 

BGPルートの状態 Status-codes 説明
 *

 BGPテーブル上で有効なルート

 d  該当ルートのup/downが激しく、抑制( dampening )されている状態
 r  RIB-Failureによりルーティングテーブルにインストールされていない状態
 s  aggregate-addressコマンドのsummary-onlyオプションで抑制されている状態
 >  ベストパスとして選択されたルート( ルーティングテーブルにのるルート )
 i


 ベストパス(>)右側に「 i 」と表示される場合、そのルートは iBGPルート。
 ベストパス(>)右側に、何も表示されない場合、そのルートは eBGPルート、
 または、Next Hop が「0.0.0.0」とある場合、そのルートローカルで生成されたルート。


項番 項目名 説明
@ Network  宛先ネットワークのプレフィックス/マスク長
A Next Hop

 NEXT_HOPアトリビュート。ネクストホップのIPアドレスが表示される。0.0.0.0 と表示される場合
 networkコマンド、または aggregate-addressコマンドでローカルで生成されたルートを意味する。

B Metric  MEDアトリビュート。デフォルト値は 0。隣接するAS内でのみ有効な値。
C LocPrf  LOCAL_PREFERENCEアトリビュート。デフォルト値は 100。EBGPルートの場合は空欄で表示される。
D Weight  WEIGHTアトリビュート。デフォルト値は32768。AS内のローカルルート以外は 0 と表示される。
E Path

 AS_PATHアトリビュート。AS番号がない場合、そのルートはAS内のルートであることを意味する。
 右端から順に経由したAS番号が表示。「i」はORIGINアトリビュートのIGP、「?」はIncomplete。



 上で紹介した show ip bgp コマンドのステータスの情報から、以下の状態であることが分かります。

 ・ 1.1.1.0/24は、このBGPルータ自身がnetworkコマンドで生成したBGPルートである。
 ・ 2.2.2.0/24は、AS2経由で通知されたルートと、AS4⇒AS3経由で通知されたルートの2つのパスがある。
 ・ 2.2.2.0/24へのパスは、経由するASの少ないAS2経由のルートをベストパスとして使用する。
 ⇒ ルーティングテーブル上には、ネクストホップを「1.0.0.2」とした1つのパスだけがインストールされる。



 ◆ show ip bgp - RIB failure

 show ip bgp ステータスコードで「 *> 」と表示された場合、ベストパスとしてルーティングテーブルに
 インストールされますが「
r> 」と表示された場合、その該当するルートが「RIB-Failure」の状態であり
 BGPルートがルーティングテーブルにインストールされません。RIB-Failure の原因は以下が考えられます。

 01. そのBGPルータのメモリ障害
 02. VRFにおけるルート数がVRFで設定した制限を超えている
 03. 該当ルートがBGPルート以外に、ルーティングテーブル上でconnectedルート、スタティックルート、
 IGPなどですでに学習されている状態。つまり、IBGPピアやEBGPピアから受信したルートよりも、AD値が
 低いルートがルーティングテーブルに存在している状態。RIB-Failureが発生してしまう最もよくある原因。

 01と02が原因である場合、適切な状態にする必要があります。一方、03が原因である場合はそれが設計上、
 問題がない場合、そのままでも問題ありません。ただし、RIB-Failureのルートはピアには通知されません。
 RIB-Failureが発生してしまった原因は「
show ip bgp rib-failure 」コマンドで確認することができます。
 RIB-failureの項目で「 Higher admin distance 」と表示されている場合、03が原因であると判断できます。



 ◆ BGPの確認コマンド

BGPのステータス確認コマンド 説明
 show ip protocols  ルーティングプロトコル全般の設定パラメータの確認
 show ip bgp neighbors  BGPネイバーの詳細ステータスの確認
 show ip bgp summary  BGPネイバーテーブルの確認
 show ip bgp  BGPテーブルの確認
 show ip route  ルーティングテーブルの確認
 debug ip bgp keepalives  BGP KEEPALIVEメッセージのデバッグ
 debug ip bgp updates  BGP UPDATEメッセージのデバッグ

 ※ show ip bgp summary の「 State/PfxRcd 」で、それぞれのBGPネイバーから受信したBGPルート数を確認できます。


 確認するBGPネイバー数が多い場合は「
show ip bgp neighbor | inc BGP state 」と入力することにより、
 BGP stateの一覧を瞬時に確認(Active、Idle、Establishedなのか確認)できるのでCCIEラボで役立ちます。



BGP(Border Gateway Protocol)

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2020 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.