BGP AS_PATH - Cisco Config



 ◆ AS_PATHアトリビュート - 設定

 AS_PATHアトリビュートは、ルートマップの設定で、自身のAS番号にAS番号を追加することによって
 EBGPピアにASパスを長く見せることができます。この機能は
AS_PATHプリペンドと言いますが、この
 コマンドで指定したAS番号は、
AS_PATHの先頭に追加されます。なお、AS番号は複数を追加できます。

 ◆ AS_PATHプリペンドの設定
 (config)# route-map map-tag permit | deny [ seq-number ]
 (config-route-map)#
match condition
 (config-route-map)#
set as-path prepend as-number [ as-number ]

 ◆ Prefixリスト「PRE-AS」に合致するルートのAS_PATHに、AS番号10を2つ追加する設定

 Cisco(config)# ip prefix-list PRE-AS permit 1.1.0.0/16

 Cisco(config)# route-map R-ASPRE permit 10
 Cisco(config-route-map)#match ip address prefix-list PRE-AS
 Cisco(config-route-map)#set as-path prepend 10 10

 Cisco(config)# route-map R-ASPRE permit 20

 Cisco(config)# router bgp 1
 Cisco(config-router)# neighbor 1.1.1.2 route-map R-ASPRE out


 show ip bgpでは「Path」の項目で、AS_PATHプリペンドによるAS番号の追加を確認することができます。


 ◆ AS_PATHアトリビュート - 設定例

 下図のR1では、EBGPピアのR2に送信するBGPアップデートには、自身のAS番号を2つ多く追加しています。
 EBGPピアのR3に送信するBGPアップデートはデフォルトの状態で送信しています。その結果、AS40にある
 R4では「1.0.0.0/8」のルート情報を2つの受け取りますが、R4から 1.0.0.0/8 宛てにパケットを送信する時
 ASパスの短いR3経由で送信することになります。このようにAS_PATHプリペンドは
自身のAS宛てに対して
 
どのASを経由してトラフィックを着信させたいのかを遠方のASに対して伝達できることのできる技術です。


    


 設定例では「1.1.0.0/16」に合致しないルートも通知されるように、route-mapシーケンス20を設定します。
 route-map R-ASPRE permit 20の設定がない場合、1.1.0.0/16に合致しないルートは破棄されてしまいます。


 R1(config)# ip prefix-list PRE-AS permit 1.1.0.0/16

 R1(config)# route-map R-ASPRE permit 10
 R1(config-route-map)#match ip address prefix-list PRE-AS
 R1(config-route-map)#set as-path prepend 10 10

 R1(config)# route-map R-ASPRE permit 20

 Cisco(config)# router bgp 10
 Cisco(config-router)# network 1.1.0.0 mask 255.255.0.0
 Cisco(config-router)# neighbor 2.1.1.254 remote-as 20
 Cisco(config-router)# neighbor 2.1.1.254 route-map R-ASPRE out
 Cisco(config-router)# neighbor 3.1.1.254 remote-as 30




BGP(Border Gateway Protocol)

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2021 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.