BGP Route-Reflector



 ◆ IBGPフルメッシュ化の問題の解決策 - ルートリフレクタとは

 ルートリフレクタとは、IBGPにおいて、IBGPピアから受信するルート情報を他のIBGPピアに反射させて
 アドバタイズするという手法です。ルートリフレクタでは「
ルートリフレクタクライアント」とで構成
 されて、このルートリフレクタとクライアントの集まりのことを
クラスタと言います。1つの同じAS内に、
 複数のクラスタを構成できます。クラスタに含まれない同じAS内のIBGPピアは
非クライアントと言います。

 下図のようにルート情報のリフレクト(反射)はルートリフレクタが行います。つまり、クライアントは
 ルートリフレクタとだけIBGPピアを確立すれば良いので、IBGPピアのセッション数を大幅に減らせます。


  


 ルートリフレクタがルート情報を受信すると、ルートリフレクタはルート情報を次のように処理します。

ルートリフレクタが受信するルート ルートリフレクタの動作
 クライアントピアから受信したルート  全てのクライアントにリフレクトし、全ての非クライアントにもリフレクトする。
 非クライアントピアから受信したルート  クラスタ内のすべてのクライアントにリフレクトする。
 eBGPピアから受信したルート  全てのクライアントと、全ての非クライアントにアップデートを送信する。


 ◆ ルートリフレクタの設定

 ルートリフレクタの設定は、neighbor route-reflector-clientコマンドを設定したBGPルータが、ルート
 リフレクタとなり、このコマンドで指定されたIBGPピアのBGPルータがクライアントとなります。つまり
 ルートリフレクタの設定は、
ルートリフレクタとなるBGPルータでのみ設定をします。

 ◆ BGP - ルートリフレクタの設定
 (config)# router bgp as-number
 (config-router)# neighbor ip-address
route-reflector-client


      



 R1(config)# router bgp 10
 R1(config-router)# neighbor 2.2.2.2 remote-as 10
 R1(config-router)# neighbor 2.2.2.2 route-reflector-client
 R1(config-router)# neighbor 2.3.3.3 remote-as 10
 R1(config-router)# neighbor 2.3.3.3 route-reflector-client
 R1(config-router)# neighbor 2.4.4.4 remote-as 10
 R1(config-router)# neighbor 2.4.4.4 route-reflector-client


 R2(config)# router bgp 10
 R2(config-router)# neighbor 2.2.2.1 remote-as 10


 R3(config)# router bgp 10
 R3(config-router)# neighbor 2.3.3.1 remote-as 10


 R4(config)# router bgp 10
 R4(config-router)# neighbor 2.4.4.1 remote-as 10



 1つのクラスタに複数のルートリフレクタを配置する場合、ルートリフレクタ間でのルーティングループを
 防ぐために
クラスタIDを設定する必要があります。同一のクラスタ内においては同一のクラスタIDを設定し
 クラスタ間では異なるクラスタIDを設定します。クラスタIDによって、ルートリフレクタは同じクラスタ内
 の他のルートリフレクタからのBGPアップデートを識別できます。クラスタIDは最大4バイトの数値で指定。

 ◆ BGP - ルートリフレクタの設定
 (config-router)# bgp cluster-id cluster-id



BGP(Border Gateway Protocol)

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2021 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.