BGP Confederation



 ◆ IBGPフルメッシュ化の問題の解決策 - BGPコンフェデレーションとは

 IBGPピアのセッション数を低減させる手法には、ルートリフレクタ以外に
BGPコンフェデレーション
 あります。BGPコンフェデレーションでは、1つのASを複数のサブASに分割して、グループ全体に1つの
 コンフェデレーション識別子を割り当てます。
サブAS内ではIBGPのフルメッシュ化が必要となりますが
 サブAS間ではEBGPピアで接続できるため、IBGPピアのセッション数を低減させることができます。

 BGPコンフェデレーションでは、NEXT_HOP、MED、LOCAL_PREFなどの情報がIBGPを使用する場合と
 同様に保持されるため、外部のASからみると1つのASとして見えます。つまり、通常のIBGPを使用する
 場合と同じようにルーティング情報が交換されます。なお、サブASで使用するAS番号はプライベートAS
 を一般的に使用します。


   


 ◆ BGPコンフェデレーションの設定

 BGPコンフェデレーションの設定では、各BGPルータで、3種類のAS番号を指定する必要があります。

 ◆ BGPコンフェデレーションの設定
 (config)# router bgp as-number1
 (config-router)# bgp confederation identifier as-number2
 (config-router)# bgp confederation peers as-number3

コマンド引数 説明
 as-number1

 自身が所属するBGPのサブAS番号

 as-number2  自身が所属する本来のBGPのAS番号
 as-number3  BGPコンフェデレーション内部でピアリングするAS番号


 下図ではAS10でBGPコンフェデレーションを適用しています。サブASとして「 65001と65002 」に分割
 しています。AS65001内部とAS65002内部ではIBGPフルメッシュが必要となります。このサブAS内部で
 ルートリフレクタを使用することも可能です。サブASの全てのBGPルータで bgp confederation identifier
 の設定は必要ですが、bgp confederation peersの設定はサブAS間を接続するEBGPルータだけで必要です。


 


 R1(config)# router bgp 65001
 R1(config-router)# bgp confederation identifier 10
 R1(config-router)# bgp confederation peers 65002
 R1(config-router)# neighbor 10.2.1.2 remote-as 65001
 R1(config-router)# neighbor 10.1.1.2 remote-as 65002
 
R1(config-router)# neighbor 1.1.1.2 remote-as 20


 R2(config)# router bgp 20
 R2(config-router)# neighbor 1.1.1.1 remote-as 10



 BGPコンフェデレーションでは、AS_PATHの見え方が通常と異なります。上図のR5において、AS20から
 サブAS65001経由で通知されたBGPルートのAS_PATHアトリビュート値を見ると「(65001)20 」と
 表示されて、BGPコンフェデレーション内の
AS_PATHが( )で囲まれて表示されます。 



BGP(Border Gateway Protocol)

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2021 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.