BGP - Route Filtering



 ◆ BGP - ルートフィルタリングの種類

 BGPにおけるルートフィルタリングは以下の4つの手法があります。以下の手法により、BGPネイバーと
 送受信するルートのフィルタリングを行うことができます。各フィルタリングの各特徴を理解しましょう。

ルートフィルタリング 使用するリスト フィルタリングの特徴
distribute-list access-list


 ACLを使用したフィルタリング方式。本来ACLはパケットフィルタリング
 用に設計されたものであり、BGPでの膨大なルート制御には適していない。
 ACL 10.0.0.0 0.0.255.255 では 10.0.x.x 全てが対象となってしまう。

prefix-list ip prefix-list


 Prefixを使用したフィルタリング方式。ACLに比べて高速処理される方式。
 マスク長の指定も可能でありポイントでルート情報を制限することが可能。
 Prefix 10.0.0.0/16 では10.0.0.0/16だけのルートが対象となってくれる。

filter-list ip as-path access-list


 AS_PATHアクセスリストを使用したフィルタリング。上記の2つの手法
 とは異なり、AS_PATHアトリビュート値に基づきルート情報をフィルタ
 リングできる。なお、AS_PATHアクセスリストでは正規表現を使用可能。

route-map match コマンド


 route-mapのmatchコマンドで、ACL、Prefix-list、AS_PATHアクセス
 リストを使用できるフィルタリング方式。上記の3つの手法とは異なり、
 matchコマンドのフィルタリング後に、setコマンドで属性の変更も可能。




 ◆ 参考:BGP - デフォルトルートをアドバタイズする設定

 使用することはほとんどない設定ですが、BGPでデフォルトルート(network 0.0.0.0)を通知するためには
 
default-information originateコマンドの設定が必要となります。以下の設定例では、スタティックルートで
 保持するデフォルトルートをBGPネットワークへ再配布しています。


 Cisco(config)# router bgp 1
 Cisco(config-router)#redistribute static

 Cisco(config-router)#default-information originate

 Cisco(config)#ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 1.0.0.254


 特定のBGPネイバールータだけにデフォルトルートを通知したい場合は
neighbor default-originateコマンド
 を使用します。なお、このコマンドでデフォルトルートをアドバタイズするに際して、ローカルBGPルータに
 デフォルトルートを保持していなくてもアドバタイズすることができます。


 Cisco(config)# router bgp 1
 Cisco(config-router)#neighbor 1.1.1.2 default-originate





BGP(Border Gateway Protocol)

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2020 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.