BGP - route flap dampening



 ◆ BGP - route flap dampening 機能

 BGPでは、route flap dampening機能により、ルートのフラッピングによる不安定な状態を低減できます。
 route flap dampeningでは
フラッピングしたルートに1000のペナルティを与えて、その積算値がしきい値
 を越えた場合、BGPネイバーにそのルートの通知を抑制するようになります。ただし累積のペナルティ値は
 half-life-time(15分)ごとに半分の値となり、reuse-limit(750)を下回れば、再びルートは通知されます。
 ※ route flap dampening機能は、IBGPで学習したルートには適用されません。


  



 ◆ BGP - route flap dampening の機能
 (config)# router bgp as-number
 
(config-router)# bgp dampening half-life reuse suppress max-suppress-time route-map name

コマンド引数 説明
 half-life

 ここで指定する時間にフラップが発生しなければペナルティ値を半分にする(デフォルト値 15分)

 reuse  ペナルティ値がここで指定する値を下回れば抑制が解除され、再び通知される(デフォルト値 750)
 suppress  ペナルティ値がここで指定する値を越えると、通知されなくなる(デフォルト値 2000)
 max-suppress-time  ルートを通知しない(抑制する)最大時間(デフォルト値 60分)
 route-map  特定のルート情報やAS_PATH、COMMUNITYに基づいたdampeningを設定する場合に使用する


 ◆ 上図のR2でroute flap dampening機能を有効にする設定例

 R2(config)# router bgp 20
 R2(config-router)#bgp dampening 30 1500 10000 120



 
show ip bgp dampening flap-statisticsコマンドによって、フラッピングに関する統計情報を確認できます。



BGP(Border Gateway Protocol)

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2020 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.