Catalyst Switch



 ◆ Catalyst(カタリスト)スイッチとは

 Catalystスイッチとはシスコ社のスイッチ製品のシリーズの名称です。例えば、CentreCOMスイッチとは
 アライド社のスイッチ製品のシリーズ名称であり、APRESIAスイッチとは日立電線社のシリーズ名称です。
 Catalystスイッチといっても多くの種類と機種があります。また、Layer2とLayer3スイッチもあります。
 今回は企業ネットワークで最も使用されているCatalystシリーズに焦点をあてそのシリーズを紹介します。




 ◆ 固定型スイッチ - Catalyst2960-X / 3560-X / 3750-Xシリーズ

 Catalystスイッチは固定型とモジュール型の大きく2種類があります。固定型スイッチとは機器のシャーシ
 本体にCPU、各種メモリ、インターフェース、電源、ファンの全てが固定されているスイッチのことです。
 代表的な固定型CatalystスイッチにCatalyst2960-Xシリーズ、Catalyst3560-Xシリーズ、Catalyst3750-X
 シリーズの3つがあります。これらはCatalyst2960/Catalyst3560/Catalyst3750シリーズの後継機種です。

シリーズ Catalyst2960-X シリーズ Catalyst3560-X シリーズ Catalyst3750-X シリーズ
機種 非常に多くの種類 非常に多くの種類 非常に多くの種類
動作レイヤ レイヤ2 レイヤ2 / レイヤ3 レイヤ2 / レイヤ3
階層設計 アクセス層 アクセス / ディストリビューション層 アクセス / ディストリビューション層
画像




 ◆ モジュール型スイッチ - Catalyst4500 / 6500シリーズ

 モジュール型CatalystスイッチにはCatalyst4500シリーズと6500シリーズがあります。モジュール型の場合
 1つのシャーシのスロット部分に複数のモジュールを挿入して機器構成していきます。電源やファンだけでなく
 インターフェースのモジュールや、スーパバイザエンジンと呼ばれるCPUやメモリが搭載されたモジュールも
 複数搭載できることから耐障害性の強度は非常に高いと言えます。それだけに非常に高価製品となっています。

シリーズ Catalyst4500 シリーズ
シャーシ WS-C4503-E / WS-C4506-E / WS-C4507R-E / WS-C4510R-E
動作レイヤ レイヤ2 / レイヤ3
階層設計 ディストリビューション層 / コア層
画像


シリーズ Catalyst6500 シリーズ
シャーシ WS-C6503-E / WS-C6504-E / WS-C6506-E / WS-C6509-E /WS-C6513-E
動作レイヤ レイヤ2 / レイヤ3
階層設計 ディストリビューション層 / コア層
画像


 階層設計におけるアクセス層、ディストリビューション層、コア層という用語説明は次ページをご参照下さい。


 ◆ 固定型10ギガビットイーサネット集約スイッチ - Catalyst4500-Xシリーズ

 Catalyst4500-Xシリーズは、1RUの大きさでありながら最大で10GEポートを40個まで有することができる
 固定型のスイッチです。40Gbpsのモジュラアップリンクも搭載できます。Catalyst4500-Xで使用するOSは
 IOS-XEとなります。今までC6500シリーズでしか実装できなかったVSSの機能についてもサポートします。


               


 Catalyst4500Xシリーズはシャーシ本体、電源、ファン、オプションモジュールの主に4つから構成されます。
 Catalyst4500Xシリーズの製品ファミリには次の製品があります。シャーシ本体としては16ポートのモデル、
 32ポートモデルの2種類があります。オプションモジュールは、8 x 10GEアップリンクモジュールとなります。

        

        



 どのモデルもFront to Back(背面排気)、Back to Front(前面排気)の2種類のエアフロー版があります。
 
※ 以下の写真の赤紫色(排熱を示す色)が背面排気の型番であり、青色(冷気を示す色)が前面排気の型番となります。
 ※ 電源の型番も合わせましょう。例えばAC電源ならば、C4KX-PWR-750AC-R(背面排気)、C4KX-PWR-750AC-F(前面排気)


          【 Front to Back - 背面排気 】 WS-C4500X-16SFP+ / WS-C4500X-32SFP+
        

          【 Back to Front - 前面排気 】 WS-C4500X-F-16SFP+ / WS-C4500X-F-32SFP+
        



 デフォルトライセンスはIP BaseですがIP BaseでVSSを構成できます。WS-C4500X-24X-ESの型番と
 WS-C4500X-40X-ESの型番については、デフォルトライセンスが「 Enterprise Services 」となります。

 
【 スペックの概要 】
項目 説明
 1Gbまたは10Gbイーサネットポート数  最大40ポート( オプションモジュールの搭載時 )
 ホットスワップ対応アップリンクモジュール  10GE X 8
 ホットスワップ可能な冗長構成の電源とファン  対応
 システムの消費電力  約330W
 サイズ  1RU
 統合サービス  Cisco Flexible NetFlow、Medianet、Cisco TrustSec



Catalystスイッチをはじめから

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2020 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.