Catalyst 4500X - VSS



 ◆ Catalyst4500-E、Catalyst4500-XのVSS

 2台のCatalystスイッチを、論理的に1台の仮想的なスイッチにクラスタ化する仮想化技術が
VSS ですが
 VSSといえばCatalyst6500スイッチでのみ実装できる技術であったのですが、Catalyst4500においても
 Supervisor Engine 7-E、またはSupervisor Engine7L-Eを搭載するCatalyst4500-Eシリーズのスイッチ、
 またはCatalyst4500Xシリーズにおいても、実装できるようになりました。主な機能は以下のとおりです。

構成/機能 説明
 Catalyst 4500-E でサポートされるスーパーバイザ

 ・ Supervisor Engine 7-E (同一製品のペア)
 ・ Supervisor Engine 7L-E (同一製品のペア)

 Catalyst 4500-X でサポートされるOSバージョン  ・ IOS XE Software Release 3.4.0SG以降
 最小ライセンス

 ・ C4500E + Supervisor Engine 7-E : IPbase以上
 ・ C4500E + Supervisor Engine 7L-E : Enterprise以上
 ・ C4500X : IPbase以上

 1ギガビットイーサネットVSL  対応
 10ギガビットイーサネットVSL  対応
 レイヤ 2 Multichassis EtherChannel(MEC)  対応。さらに、標準EtherChannelとECMPルーティング
 レイヤ 3 Multichassis EtherChannel(MEC)  対応。( IOS-XE 3.5.0E以降で対応 )
 スプリットブレイン検知メカニズム ( Dual Active )

 ・ Enhanced Port Aggregation Protocol(ePAgP)
 ・ VSS Fast-hello ( IOS-XE
3.5.0E以降で対応 )

 Virtual MACアドレス  対応
 Route Processor Redundancy ( RPR )  未対応

 ※ Catalyst6500ではL3 MECやRPRは対応しているし、Dual ActiveにおいてもePagP、BFD、FastHelloをサポートしています。


 VSSでは、クラスタ化されたスイッチの両方のデータプレーンが両方のシャーシで同時にアクティブになる
 ことからもトラフィックのロードバランスを最適化します。VSSで以下のキャパシティの拡張を実現します。

 ・ Vシステムあたりの10ギガビット イーサネットポート数は最大
80となる。
 ・ 冗長構成のC4500-Xの全帯域幅を利用すれば、システムの帯域幅キャパシティを
1.6Tbpsに拡張。

 また、2台のCatalyst4500-Xスイッチを単一の管理ポイント、単一のルーティングインスタンスとして扱い、
 単一のゲートウェイIPアドレスを共用できることから設計/構築だけでなく、運用管理が大幅に向上します。
 ⇒ ファースト ホップ冗長性プロトコル(FHRP)やスパニングツリープロトコルへの依存性が排除されます。



 ◆ VSSの構成要素

 VSSは
仮想スイッチメンバーVSL(Virtual Switch Link)で構成されます。C4500-XのVSLのリンクは
 1GEまたは10GEで最大8リンクで構成できます。推奨は10GEによるVSLリンクの構成となります。そして、
 アクセス層のスイッチの間にL2
MEC(Multi-Chassis EtherChannel)によるループフリートポロジを提供。
 
※ VSLでは2つの仮想スイッチメンバー間のコントロールプレーン間のトラフィックだけでなく通常のデータトラフィックも伝送。


    


 最後に、以下の2点についてしっかりと
 再認識するようにして、C4500-XのVSS
 提案、導入前に以下の知っておくべき点の
 リンク先を確認することをお勧めします。
 細かい仕様などの情報があります。

 別ページでC4500-XのVSSのコンフィグ
 の設定方法を解説するのでご参考下さい。


 ◆ 知っておくべき点 1


 For C4500E, VSS is supported in IP base and Enterprise services on Supervisor Engine 7-E and in Enterprise services
 only on Supervisor Engine 7L-E. On Cisco Catalyst 4500-X, VSS is supported in IP base and enterprise services



 ◆ 知っておくべき点 2


 For VSS functionality, you must upgrade to IOS Version 15.0(1r)SG7
 WS-C4500X-32, WS-C4500X-16
 ROMMON IOS Version 15.0(1r)SG6 is the minimum required version on the C4500X switches.
 For VSS functionality, you must upgrade to ROMMON IOS Version 15.0(1r)SG7
.



 ◇ Release Notes for the Catalyst 4500E Series Switch, IOS XE Release 3.5.xE - about VSS


 ・ Support for Layer 3 MEC-VSS with Layer 3 MEC at the aggregation layer
 ・ Support for VSL Encryption
 ・ Support for Asymmetrix chassis
 ・ Support for VSLP Fast Hello with VSL Fast Hello,
   the C4500-X configured for VSS can now connect Access Switches that do no support ePAgP protocol





VSS Config - Catalyst4500-X

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.