Catalyst 4500X - rommon 1 >



 ◆ Catalyst4500-X - 再起動時の rommon

 Catalyst4500Xを再起動してrommonで起動した場合、IOSイメージが破損している可能性がありますが
 それ以外に、BOOT variableにIOSイメージが指定されていない(指定できていない)可能性もあります。

 Non-Redundant system or peer not running IOS
 System Uplinks & Linecards have been reset!!

 ***** The system will autoboot in 5 seconds *****
 Type control-C to prevent autobooting.
 . . . . .

 ******** The system will autoboot now ********
 config-register = 0x2102
 Autobooting using BOOT variable specified file.....

 Could not find a valid file in BOOT environment variable.
 BOOT variable can be set from IOS. To find currently set
 Rom Monitor variables, please type 'set' command.

 For help on choosing a boot method, type 'confreg' command.
 
rommon 1 >


 IOSイメージが破損していない場合、以下の通り「boot」とだけ入力すれば、IOSで起動します。

 For help on choosing a boot method, type 'confreg' command.
 
rommon 1 > boot


 IOSで起動後に「show boot」と入力して「BOOT variable =」に何も表示されていない場合には、
 boot system flash bootflash:/ コマンドでIOSイメージを指定します。

 Cat4500X#show boot
 BOOT variable =
 CONFIG_FILE variable does not exist
 BOOTLDR variable does not exist
 Configuration register is 0x2102


 SW1(config)# boot system flash bootflash:/cat4500e-universalk9.SPA.0X.0X.0X.E.152-X.XX.bin

 本来は、Catalystスイッチはフラッシュメモリ内にあるIOSを読みこむことから、このコマンドの設定は
 必須ではありませんが、このような事象に出くわした場合の対象方法の一つとして覚えておくと便利です。



VSS Config - Catalyst4500-X

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.