Catalyst - CAM / TCAM



 ◆ CAM( Content Addressable Memory )とは

 Catalystスイッチは、CAM ( Content Addressable Memory ) と呼ばれるメモリでMACアドレステーブル
 
の検索ハードウェアで行い高速処理を実現しています。CAMを利用していることからCatalystスイッチの
 MACアドレステーブルのことをCAMテーブルと呼ぶ場合もあります。先ず、この超基礎を理解しましょう。



 ◆ TCAM( Ternary CAM )とは

 マルチレイヤスイッチ(L3スイッチ)のCatalystスイッチは、TCAM(Ternary CAM)と呼ばれるメモリで
 
ルーティングテーブルの検索セキュリティACLQoS ACLなどをハードウェアによって高速処理できます。
 なお、Catalystには「ポートASICが内蔵しているTCAM」を様々な機能のために
兼用できる機種があります。
 具体的に、L2のMACアドレステーブル、L3のFIB情報、セキュリティACLなどを1つのTCAMに格納にします。


        


 上位機種では、TCAMには検索結果へのポインタを格納して、ルーティングテーブルの宛先などの検索結果
 の実体は、
SRAM(Static Random Access Memory)と呼ばれるメモリ上に記憶させる実装が一般的です。



 ◆ マルチレイヤスイッチのパケットの転送処理

 Catalystスイッチでは、SDMテンプレートによってTCAMを機能ごとに複数の領域に分割し、領域の大きさ
 を調整できます。下図のとおり、セキュリティACL用、QoS ACL用など
複数のTCAMが実装されています。
 複数のTCAMを実装することで、Catalystで複数の動作を同時に実行できることから、高速にパケット処理
 する事ができます。また、CAMとTCAMのルックアップも同時に行うのでパフォーマンス低下が起きません。


  



Catalystスイッチ - 技術解説

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.