Catalyst - PoE



 ◆ PoEとは

 PoE(Power over Ethernet)とは、カテゴリ5以上の
UTPケーブル上で電力を供給する技術のことです。
 電力供給が困難な場所に設置された無線LANアクセスポイント、IP電話、Webカメラなどへの電源供給で
 よく使用される技術です。例えば、IP電話へのPoEの給電によって、以下の3つのメリットが生まれます。


     


PoEコンポーネント 説明
 PSE( Power Sourcing Equipment )  給電デバイス。PoEスイッチ、パワーインジェクタ
 PD( Power Device )  受電デバイス。IP電話、無線アクセスポイント
 イーサネットLANケーブル  カテゴリ 5 以上のUTPケーブル



 ◆ PoE規格

 PoEの給電仕様は以下であり、例えばクラス3のIP電話機に電源供給したい場合には、1ポートで15.4Wの
 電力供給が可能なPoEスイッチを選定する必要があります。また、IEEE802.11ac対応の無線APの場合には、
 1ポートで30.0Wの電力供給が可能なPoEスイッチを選定する必要があります。このように、PoEスイッチ
 を選定する場合には、受電デバイスがどのくらいの電力が必要となるのかを事前に確認する必要があります。

クラス 給電機器(PSE)の電力 使用すべきケーブル 規格
0 15.4W Cat5e IEEE802.3af
1 4.0W Cat5e IEEE802.3af
2 7.0W Cat5e IEEE802.3af
3 15.4W Cat5e IEEE802.3af
4 30.0W Cat5e(Cat6推奨) IEEE802.3at( PoE Plus )
- 60.0W Cat5e(Cat6推奨) UPoE( Cisco独自 )


 IEEE802.3af、IEEE802.3atなどの規格では、PoEスイッチは受電デバイスかどうかをUTPケーブル上で
 電圧の供給や抵抗の測定によって判断します。受電デバイスは電力クラスの情報をPoEスイッチに提供して
 この情報に基づいてPoEスイッチは、受電デバイスに対して適切な電力を割り当てられるようになります。



 ◆ PoEの設定 - Catalystスイッチ

 PoE対応のCatalystでは、デフォルトで電力供給が出来る状態になっていることから、PoEスイッチのための
 
設定は特に必要ありません。また、PoEスイッチではポートごとに電力供給の有効化と無効化を設定できます。
 PoEスイッチは、ポートに接続したデバイスが電力を必要としているかどうかを判断して、電力供給が必要な
 場合だけ電力供給を行うことから、電力供給が必要ないPCなどがPoEスイッチに問題なく接続することが可能。

 
◆ PoEの設定
 (config)# interface interface-id
 (config-if)#
power inline auto [ max milli-watts ] | never | static [ max milli-watts ]

コマンド引数 説明
auto

 ポートが受電装置を自動検出して電力供給するようにするための設定。デフォルト値。
 (config-if)#
power inline auto ← デフォルトの設定であるためコンフィグ上は非表示。

max

 オプション値。最大ワット数を指定。

never

 受電デバイスの検出や電力供給を無効化する設定。この設定をするとただのポートとなる。
 (config-if)#
power inline never

static  インターフェースを auto より高いプライオリティに設定。


 提供可能な電力量、現在の使用率、ポートごとの電力消費状況などは
show power inline で確認できます。



Catalystスイッチ - 技術解説

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.