system mtu / system mtu jumbo



 ◆ システムMTU

 Catalystスイッチでは全てのインターフェースで、送受信されるフレームのMTUサイズは1500byteです。
 Catalystスイッチで「10/100Mbps」で動作する全てのインターフェースでMTUサイズを増やすためには
 
system mtuコマンドを使用して設定します。また、system mtu jumboコマンドを使用することにより
 全てのGigabitEthernetインターフェースで
ジャンボフレームをサポートするようにMTUサイズを増やす
 ことができるようになります。



 ◆ システムMTUの設定

 システムMTUサイズは以下の手順で変更します。なお、設定したシステムMTUの値を適用するためには、
 
Catalystスイッチの再起動が必要になります。

 ◆ 10/100(Ethernet/FastEthernet)の全インターフェース:システムMTUサイズの変更
 (config)#
system mtu bytes


 ◆ 1000(GigabitEthernet)の全インターフェース:システムMTUサイズの変更
 (config)#
system mtu jumbo bytes


コマンド引数 説明
bytes

 Ethernet/FastEthernet:指定できる範囲は 1500 〜 1998 byte。デフォルトは 1500 byte。

bytes

 GigabitEthernet:指定できる範囲は 1500 〜 9198 byte。デフォルトは 1500 byte。



 ◆ システムMTUサイズを9000byte(ジャンボフレーム対応)に変更する設定
 (config)# system mtu jumbo 9000
 (config)#
exit
 #
reload

 設定変更した後、再起動後に show system mtu コマンドによりシステムMTUの変更値を確認できます。



Catalystスイッチ - 技術解説

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2020 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.