Catalyst Switch - show interfaces



 ◆ Catalystスイッチ - show interfaces

 Ciscoルータと同様、Catalystスイッチでも show interfaces コマンドを理解することはとても重要です。
 このコマンドによりインターフェースで送受信したトラフィック状況、インターフェースの状態を詳細に
 確認することができます。ここで表示される項目は、すべて重要なので最終的には全て理解すべきですが、
 いきなりすべてを暗記するのではなくて、気になった部分をその都度、確認していけばいいかと思います。

 以下で出力されるshow interfacesコマンドの各項目の意味はCiscoルータ - show interfacesで解説して
 いるのでご確認下さい。ルータでもスイッチでも見方や項目はほとんど同じです。Ciscoルータと同様に
 show interfacesコマンド後に、確認したい特定のインターフェースを指定してコマンド入力することを
 お勧めします。Catalystスイッチの場合はインターフェースが非常に多いので特に指定した方がいいです。
 今回の場合、FastEthernet 0/1を確認したいので、show interfaces fastethernet 0/1と入力しています。

 


 L2のCatalystスイッチの場合、CatalystスイッチにIPアドレスを割り当てなくても、そのCatalystスイッチ
 に接続したクライアントPCやCiscoルータは全く問題なく通信することができますが、Catalystスイッチに
 IPアドレスを割り当てていない場合は、Catalystスイッチへの管理アクセスができないので、一般的には、
 CatalystスイッチにIPアドレスを割り当てます。このIPアドレスが割り当てられたインターフェースのこと
 を管理インターフェースと呼びます。デフォルトでは
interface vlan 1が管理インターフェースとなります。

 その管理インターフェースの統計情報を確認するためには
show interfaces vlan 1と入力します。
 管理インターフェースをinterface vlan 2としている場合には、show interfaces vlan 2 と入力しましょう。

 

 show interfaces vlan 1の1行目にあるステータスは、ルータやスイッチの物理インターフェースでは
 そのインターフェースが物理層とデータリンク層で、正常であるかどうかを判断することができる情報
 でしたが、スイッチの管理インターフェースにおいてはその意味が異なります。詳細は以下の通りです。

Vlan 1 is line protocol is 意味
administratively
down
down  Interfaceがshutdownされている状態。no shutdownにより有効にする必要がある。
down down

 スイッチにそのVLANが存在しない状態。たとえば、管理インターフェースがInterface
 vlan 1である場合、そのスイッチのVLANデータベースにvlan 1が存在する必要がある。

up down

 管理インターフェースのVLANが割り当てられたポートが、1ポートもリンクアップ
 していない状態。たとえば、管理インターフェースがInterface vlan 1である場合は
 vlan 1 が割り当てられたポートが少なくとも1つはリンクアップしている必要がある。

up up  管理インターフェースが正常な状態。管理IPアドレスにPINGをすれば応答がある。




 ◆ Catalystスイッチ - show interfaces status

 Catalystスイッチの数多くの物理ポートがリンクアップしているかどうか、物理ポートにどのVLANが割り
 当てられているか、物理ポートのspeed/duplexはどのような状態なのかなど、ステータスで最も重要な
 部分だけをコンパクトに表示できるコマンドがあります。それが
show interfaces status コマンドです。

 

 
番号 項目 説明
@ Port  物理ポート番号。今回の機種はF0/1〜F0/8とG0/1の合計9ポートがある。
A Name  物理ポートに対して、descriptionコマンドで定義した場合にその内容が表示される。
B Status

 物理ポートのステータスが現在どのような状態であるのかを表示する。
 ・ connected ( 正常にリンクアップしている )
 ・ notconnect ( リンクアップしていない。ケーブルが接続されていない )
 ・ disabled ( 物理ポートにshutdownコマンドが入力されている )
 ・ errdisable ( ソフトウェア制御により一時的に物理ポートが無効化されている )

C Vlan  物理ポートに割り当てられてるVLAN番号。デフォルトでvlan1が割り当てられている。
D Duplex

 物理ポートのduplex状態。ステータスは以下の4通りがある。
 ・ a-full ( オートネゴシエーションによりduplexがfull(全二重)となった )
 ・ full   ( 固定設定によりduplexがfull(全二重)となっている )
 ・ a-half ( オートネゴシエーションによりduplexがhalfl(半二重)となった )
 ・ half  ( 固定設定によりduplexがhalf(半二重)となっている )

E Speed

 物理ポートのspeed状態。ステータスは以下の6通りがある。
 ・ a-10   ( オートネゴシエーションによりspeedが10Mbpsとなった )
 ・ 10    ( 固定設定によりspeedが10Mbpsとなっている )
 ・ a-100  ( オートネゴシエーションによりspeedが100Mbpsとなった )
 ・ 100   ( 固定設定によりspeedが100Mbpsとなっている )
 ・ a-1000 ( オートネゴシエーションによりspeedが1000Mbpsとなった )
 ・ 1000   ( 固定設定によりspeedが1000Mbpsとなっている )

F Type  物理ポートの規格を示している。



Catalystスイッチをはじめから

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2020 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.