Catalyst Switch - boot system flash



 ◆ Catalystスイッチ - 起動時のIOS選択

 先ず、CatalystスイッチにどのようなIOSが存在するのか
show flash:コマンドで確認してみましょう。
 そうすると "c2960-lanbasek9-mz.122-53.SE1.bin" のIOSが存在することを確認することができます。
 c2960-lanbasek9-mz.122-55.SE1については、d マークがあるのでディレクトリであると分かります。
 
cd コマンドで階層を変えると "c2960-lanbasek9-mz.122-55.SE1.bin" のIOSファイルを確認できます。

 


 つまり、このCatalystスイッチにはIOSファイルが2つ存在することが分かります。では、flashメモリ配下
 にある"c2960-lanbasek9-mz.122-53.SE1.bin"を起動時のIOSになるように設定してみます。コマンドは
 Catalystスイッチでも"boot system"コマンドを使用することで、起動時のIOSを選択することができます。

 


 Ciscoルータのboot sytemコマンドと異なる点として、Catalystスイッチの場合、boot system flash:の
 ":" が必須です。そもそもshow flash:コマンドで
Directory of flash:/と表示されているので、上での設定
 コマンドとおり
boot system flash:/というように ":" と " / " をつけるようにしましょう。これが正しい。

 設定後に show run でコンフィグを確認したいところですが、show run では確認することができません。
 つまり、
boot system flash:/コマンドはrunnning-configではない場所に情報として保存されています。
 この設定コマンドは
show bootコマンドで確認することができます。このコマンド定義がrunning-config
 に反映されないということはcopy run startでstartup-configにも保存されないという事です。つまり設定を
 erase startup-configコマンドで全て削除したとしても boot system flash:/コマンドの定義は消えません。

 

 
※ boot system flash:/コマンドで間違って定義した場合、Catalystスイッチはフラッシュメモリにある最初のIOSを読み込みます。


 最後に、c2960-lanbasek9-mz.122-55.SE1ディレクトリ配下の"c2960-lanbasek9-mz.122-55.SE1.bin"
 で起動するためのboot system flash:/コマンドを紹介します。この場合は全てのパスを正確に指定します。
 以下の画面では、コマンドが長すぎるために折り返しが発生していますが、以下のとおりに入力しています。
 "boot system flash:/c2960-lanbasek9-mz.122-55.SE1/c2960-lanbasek9-mz.122-55.SE1.bin"と定義。

   



Catalystスイッチをはじめから

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.