Cisco Secure ACS - Certificate Install



 ◆ Windows 7 の設定 - IEEE802.1X認証(PEAP-MS-CHAPv2)- 証明書のインストール

 ここではWindows 7で、PEAP-MS-CHAPv2のIEEE802.1X認証を行うための有線LAN、無線LANの両方の
 設定方法を紹介します。先ず有線LAN、無線LANの共通設定である「証明書のインストール」が必要です。

 ACSで証明書を発行する場合、Cisco Secure ACS - IEEE802.1X認証( PEAP-MS-CHAPv2 )の手順に
 従って証明書を発行してダウンロードします。証明書をダウンロードするとWindows 7では下図のような
 アイコン表示となります。証明書の拡張性は「.cer」です。

                    


 この証明書をクライアントPCにインストールするために、ダブルクリックをして以下の「開く」を選択します。

       



 次に「証明書のインストール」を選択します。「このCAルート証明書は信頼されていません」という表示が
 ありますが、それはACS自身が発行した自己証明書(オレオレ証明書)だから、このように表示されます。

       



 「次へ」を選択します。

   




 証明書の配置場所は指定する必要があるので、下図のように選択して「参照」を選択します。

   



 証明書ストアの選択は「信頼されたルート証明機関」を選択する必要があります。

              



 証明書ストアが「信頼されたルート証明機関」になったことを確認して、「次へ」を選択します。

  



  



 セキュリティ警告の表示に対しては、「はい」を選択します。

   



 以下の画面が表示されたら証明書のインストールは成功です。

   



Cisco Secure ACS 設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.