Cisco ASA - Static NAT



 ◆ スタティックNATの設定

 
◆ Step 1
 変換前の送信元アドレスを指定するために、ネットワークオブジェクトまたはネットワークオブジェクトグループを設定する

 
◇ ネットワークオブジェクトの設定
 (config)#
object network name
 (config-network-object)#
host ip-address | subnet net-address net-mask | range ip-address

 
◇ ネットワークオブジェクトグループの追加
 (config)#
object-group network grp-id
 (config-protocol)#
network-object [ object name | host ip-address | ip-address mask ]


 
◆ Step 2
 変換後の送信元アドレスを指定するために、ネットワークオブジェクトまたはネットワークオブジェクトグループを設定する

 
◇ ネットワークオブジェクトの設定
 (config)#
object network name
 (config-network-object)#
host ip-address | subnet net-address net-mask | range ip-address

 
◇ ネットワークオブジェクトグループの追加
 (config)#
object-group network grp-id
 (config-protocol)#
network-object [ object name | host ip-address | group-object name ]


 
◆ Step 3 (オプション)
 変換前の宛先アドレスを指定するために、ネットワークオブジェクトまたはネットワークオブジェクトグループを設定する

 
◇ ネットワークオブジェクトの設定
 (config)#
object network name
 (config-network-object)#
host ip-address | subnet net-address net-mask | range ip-address

 
◇ ネットワークオブジェクトグループの追加
 (config)#
object-group network grp-id
 (config-protocol)#
network-object [ object name | host ip-address | group-object name ]


 
◆ Step 4 (オプション)
 変換後の宛先アドレスを指定するために、ネットワークオブジェクトまたはネットワークオブジェクトグループを設定する

 
◇ ネットワークオブジェクトの設定
 (config)#
object network name
 (config-network-object)#
host ip-address | subnet net-address net-mask | range ip-address

 
◇ ネットワークオブジェクトグループの追加
 (config)#
object-group network grp-id
 (config-protocol)#
network-object [ object name | host ip-address | group-object name ]


 
◆ Step 5
 
次の@またはAのサービスオブジェクトを設定する - @ 送信元ポートまたは宛先ポート A 送信元ポートまたは
 (config)# object service name
 (config-service-object)# service [
tcp | udp ] [ source port | destination port ]


 
◆ Step 6
 
NAT変換用のネットワークオブジェクトを設定、及び変換前のIPアドレスを定義
 (config)# nat (real-ifc,mapped-ifc) [ line | after-object line ] sorurce static real-obj mapped-obj
 
interface [ destination static [ mapped-obj | interface | real-obj ] [ service real_src_mapped_dest
 _svc_obj
mapped_src_real_dest_svc_obj ] [ dns ] [ no-proxy-arp ] [ inactive ] [ description desc ]

 
キーワード 説明
(real-ifc,
mapped-ifc)


 実際の Interface(変換前)とマッピング Interface(変換後)のインターフェースを指定する。
 ルーテッドモードの場合、このインターフェース指定を行わないと全てのインターフェースが使用される。

mapped-ip


 マッピングネットワークのネットマスクまたは範囲は実際のネットワークと同じとなる。ホストである場合、
 このアドレスはホストアドレスとなり、範囲(レンジ)の場合、実際の範囲と同じ数のアドレスが含まれる。

mapped-obj
 既存のネットワークオブジェクトグループ

interface
 ポート変換を設定したスタティックNATの際に使用。service キーワードも同時に使用する。

dns
 DNS応答を変換するキーワード。

real-port
mapped-port

 ポート変換を設定したスタティックNATの際に、tcp または udp キーワードを指定しポートを指定する。


 ◆ 設定例 : 内部(inside)の192.168.1.1のホストが、外部(outside)の2.2.2.2へスタティックNATで変換される設定

 (config)# object network NAT
 (config-network-object)# host 192.168.1.1
 (config-network-object)# nat (inside,outside) static 2.2.2.2

 or

 (config)# object network GLOBAL
 (config-network-object)# host 2.2.2.2

 (config)# object network NAT
 (config-network-object)# host 192.168.1.1
 (config-network-object)# nat (inside,outside) static GLOBAL




Cisco ASA - コンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.