Cisco Router - Console



 ◆ Ciscoルータへのアクセス方法:コンソール接続

 Cisco機器を操作するために最低限必要なものはパソコン、コンソールケーブル、Cisco機器本体の3つです。
 コンソールケーブルはルータなどの購入時に付属しています。左下図の通り、ルータ側のコンソールポート
 に接続するインターフェースの形状は
RJ45となっており、PC側に接続するインターフェースの形状はDB-9
 となっています。現在のPCはUSBポートはありますがDB-9形状のインターフェースはないことが多いので
 USB to RS-232変換ケーブルを使用して、USBをPC側に接続して、Cisco機器側にコンソール接続させます。


 あるいは、USB to RS-232変換ケーブルを使用することなく、PCとCiscoルータを接続することも可能です。
 以下の「USB RJ45コンソールケーブル」を使用することで、この1本だけでPCとCiscoルータをコンソール
 接続することが可能です。Cisco社製品の「RJ45コンソール端子」を「USB端子」に変換するケーブルです。

 



 ◆ Ciscoルータへのアクセス方法 - 電源ケーブルの接続

 Cisco機器の一般的な電源ケーブルは、下図の右側のケーブルどおり「AC100V/平行3ピン」のものです。
 この電源ケーブルの角にはアース(感電防止、装置保護のために必要)があるので、通常の一般家庭用の
 コンセントでは接続することができません。そこで下図の2ピンのコネクタに変換してコンセントに接続
 するかOAタップを購入して電源ケーブルを接続します。コンセント状況に応じてどちらかを入手します。


     


 ◆ Ciscoルータへのアクセス方法 - Tera Termを利用

 Cisco機器の設定情報や各種ステータスを確認するためには、PCにターミナルエミュレータソフトウェア
 をインストールして使用します。多くのネットワークエンジニアが使用しているのが Tera Term です。
 このソフトウェアを使用するためには、先ずPCのデバイスマネージャで
USB Serial PortにCOMポートが
 何番が割り当てられたのかを先ず確認します。今回のPCではCOMポートが「5」が割り当てられています。


          



 Tera Term Proを起動させると以下の画面が表示されます。シリアルポートで、デバイスマネージャで確認
 したCOMポート「5」をタブメニューから以下のように選択してOKをクリックします。なお、画面の表示通り
 事前にCOMポートを確認しなくても、最近のTera TermではどのCOMポートを使用すればいいの分かります。

          



 これでCisco機器の設定画面が確認できるようになりますが、念のため確認として、Tera Termのメニューの
 「設定」⇒「シリアルポート」を選択して以下の画面が表示させます。COMポート番号はPCにより異なるが
 それ以外の「ボーレート、データ、パリティ、ストップ、フロー制御」は共通設定なので以下の通りにします。

            

設定項目 設定値 説明
ボー・レート 9600  COMポートからデータを転送する時の最大伝送速度。9600bpsにする。
データ 8 bit  送受信する文字のために使用するビット数。8ビット(1byte)にする。
パリティ none ( なし )  誤り検出。エラーチェックは無効(none)する
ストップ 1 bit  ストップビット。各文字が送信される間の時間を1秒に1ビットとする。
フロー制御 none ( なし )  データフローの制御方法。ここではフロー制御を無効(none)にする。


 ※ Cisco機器に大量のデータ(コンフィグ)を送信する場合は
送信遅延15ミリにすると、取りこぼしなく送信できます。

 以上の通り、電源ケーブル接続、コンソール接続、そしてターミナルソフト(tera term)を設定できたら
 Ciscoルータの電源を入れてみましょう。PCのtera termの画面は以下のように表示されることになります。
 これはCiscoルータの起動時の画面です。設定方法は次ページ以降にて解説していきます。

 

 ※ Ciscoルータの場合、電源スイッチのOFFはいつ行ってもOKです。PCやサーバ等とは異なりシャットダウンの概念はありません。



Ciscoデバイスの操作方法

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2020 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.