Cisco Router - config-register



 ◆ コンフィグレーションレジスタ

 コンフィグレーションレジスタは、ルータの起動モードを決定することができる16ビットの値のことです。
 現在起動しているルータのコンフィグレーションレジスタの値は、show versionコマンドで確認できます。
 以下は、ユーザモードまたは特権モードで show version を入力して出力された最終行部分の表示結果です。

 

 上ではshow versionの表示結果にある [Configuration register is 0x2102] の「
0x2102」がコンフィグ
 レーションレジスタ値となる。この16進数で表記された「0x2102」は16ビットで構成されます。これらの
 1ビットずつに意味があります。コンフィグレーションレジスタの16ビットの各ビット意味は以下のとおり。

ビット番号 意味
0、1、2、3  ブートフィールド。どのようにルータを起動させるかを定義するビット
6  NVRAMの内容を無視させる。つまり、startup-configを無視させるビット
7  OEM ( Original Equipment Manufacture ) のビット
8

 コンソールのBreakキーによるブレーク信号を制御するビット
 ・ ビットを [ 1 ] にする場合 : コンソールのBreakキーを無視
 ・ ビットを [ 0 ] にする場合 : 強制的にROMMONで起動させる
 ※ ビットの有無に関係なく電源投入後60秒以内はBreakキーが有効

9  セカンダリブートストラップを使用するビット
10  IPブロードキャストアドレスのホスト部分を制御するビット
5、11、12  コンソールの回線速度を制御するビット
13

 ネットワークブートに失敗した場合の起動方法を指示するビット
 ・ ビットを [ 1 ] にする場合 : ROMMONで起動
 ・ ビットを [ 0 ] にする場合 : 再度ネットワークブートを試行 

14  IPブロードキャストアドレスのネットワーク部分とサブネット部分を制御するビット
15  診断メッセージを有効化させて、NVRAMの内容を無視させるビット


 ビット番号の下位4ビット(0, 1, 2, 3)がブートフィールドです。このフィールドは、ルータをどのように
 起動させるかを定義するビットです。ブートフィールドは以下の3通りの組み合わせがあり意味は以下です。

ブートフィールドのビット 意味
0000  ROMMONで起動させる。表示プロンプトは rommon 1 > となる
0001  mini IOSで起動させる。表示プロンプトは Router(boot)> となる
0010 〜 1111

 NVRAMのstartup-configのboot systemコマンドで定義されたIOSを起動させる。
 boot systemコマンドの定義がない場合、フラッシュメモリ内のIOSを起動させる。


 デフォルトのコンフィグレーションレジスタの値である 0x2102 を「ビット番号」「2進数」「16進数」に分類して見てみます。


    




 次に、パスワードリカバリーの際に仕様する値である 0x2142 を「ビット番号」「2進数」「16進数」 に分類して見てみます。


    




 コンフィグレーションレジスタ値を変更するためには、config-registerコマンドの後にレジスタ値を入力。
 以下ではコンフィグレーションレジスタ値を 0x2142 に変更しています。値を変更することでNVRAM内の
 startup-configを起動時に見ないことになります。つまり、Cisco機器でどれだけ設定変更を行って設定保存
 のコマンド(copy run start) を入力したとしてもCiscoデバイスは常に初期状態で起動することになります。

 



 config-registerの設定変更後にshow versionを見ると、以下の通りコンフィグレーションレジスタの値が
 Cisco機器のリロード後に変更されることが示されています。
will be 0x2142 at next reload の部分です。

 


主なコンフィグレーションレジスタ値 動作内容
0x2100 ROMMONで起動させる。(基本的に使用しない)
0x2101 mini IOSで起動させる。(基本的に使用しない)
0x2102 正常にIOSで起動させる。(デフォルトの値)
0x2142 正常にIOSで起動させるがNVRAMを見させない(パスワードリカバリーの際に使用)



Ciscoデバイスの管理

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2022 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.