Cisco Router - boot system flash



 ◆ Ciscoルータ - IOSソフトウェアの検索順序

 Ciscoルータは起動時にROM内にあるブートストラップが、以下の順番でCisco IOSの検索を行います。

 @ コンフィグレーションレジスタ値を参照して起動モードを確定
 A 起動モードが「0x2102」である場合、NVRAMのstartup-configのboot systemコマンドを確認
 B boot systemコマンドにより定義がない場合、フラッシュメモリ上の一番最初のIOSを選択
 C フラッシュメモリにIOSがない場合、またはIOSが破損している場合、ROMMONモードで起動

 今回はBのboot systemコマンドについて解説します。事前にCiscoルータの起動順序もご確認下さい。


 ◆ Ciscoルータ - boot systemコマンド

 フラッシュメモリに複数のIOSがある場合、boot systemコマンドでロードしたいIOSを選択できます。
 フラッシュメモリの中身は
show flash:で確認できます。以下では、IOSが2つあることが分かります。

 




 例えば"c181x-advipservicesk9-mz.151-3.T.bin"のIOSで起動させたい場合、boot system flashコマンド
 の後、"c181x-advipservicesk9-mz.151-3.T.bin"を指定します。設定コマンドは以下のとおりです。なお、
 boot system flash ではなく
boot system flash:と指定したり boot system flash:/ とも指定できます。

 


 では、boot systemコマンドで起動するIOSを指定しなかった場合、どちらのIOSで起動するのでしょうか。
 それはshow flash:コマンドで最初に表示されたIOS。つまり c181x-advipservicesk9-mz.124-15.XY3.bin。


 ところで、起動するIOSをフラッシュメモリのIOSではなくTFTPサーバにあるIOSを指定することもできます。
 例えば、TFTPサーバ (192.168.0.10) に格納されているIOS (c2800nm-adventerprisek9-mz.151-3.T.bin)
 で起動させたい場合、
boot system tftpコマンドで以下の通り設定します。boot system tftpコマンドの後に
 TFTPサーバ上にあるIOSを指定します。そして、そのIOSの後にTFTPサーバのIPアドレスを指定します。


       


 Router(config)# boot system tftp c2800nm-adventerprisek9-mz.151-3.T.bin 192.168.0.10


 上記コマンドによるTFTPサーバからの起動は一般的には行われません。あくまでも参考知識として下さいね。



Ciscoルータの基本設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2018 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.